【経営者向け】SEOのご相談無料受付中
詳細はコチラ

QDDとは?SEOとGoogleを理解する

QDD Blog

今回はSEO用語のQDD(Query Deserves Diversity)についてご説明します。QDDというSEO用語を聞かれた事がないSEO従事者の方もいらっしゃるかと思いますので、実際にQDDが影響している例もご紹介します。

QDDとは?

SEO用語のQDD(Query Deserves Diversity)とは、特定のキーワードに複数の意味が含まれている場合に多様な検索結果を表示させるアルゴリズムを指します。

※Googleは正式に発表してはいません。

QDDの例

スナック

Google検索でスナックと検索した際に「お店のスナック」と「お菓子のスナック」が表示されていますが、このようにひとつのキーワードに対して複数の意味合いがある場合は、それぞれの検索意図にマッチするように多様な結果をだすようになっています。QDDの例

先ほどのQDDはひとつのキーワードに対して複数の意味がある際に、それぞれの意味にあった結果を表示したのに対して、こちらは求めている情報の多様性に対応したQDDとなっています。

「ざるそば」と検索したユーザーは「作り方を知りたいユーザー」「ざるそば屋さんを探しているユーザー」「ざるそばの雑学を探しているユーザー」など、ユーザーによって求めている情報はそれぞれ異なるので、どんなユーザーに対しても探している答えがみつかるように多様性をもたせた結果をQDDによって表示しているとされています。

▼mozからでているQDDが存在するのかという記事

Does "Query Deserves Diversity" Algorithm Exist at Google?
Most of us in the search space are familiar with the principles of the "query deserves diversity" (QDF) algorithm at Google, but this is almost certai...

まとめ-QDD

今回はQDDについてご説明しました。Googleはユーザーの検索意図に対して正しい結果をだそうとしています。複数の意味合いがキーワードに含まれていた場合にユーザーの求める情報は異なってきますので、異なった情報を求めるユーザーそれぞれに解決する答えをだすことはグーグルも求めていることでしょう。

アフィリエイトをわたしもはじめてみる!

150以上のアフィリエイト制作に携わり、100社以上のSEO施策を行ったSEO検定1級を保持しているプロがあなたのアフィリエイトサイトを制作代行いたします。

キーワード調査を行い、コンテンツ制作をするのは当たりまえ、スピード対策やSEOに効果のある面倒なALT属性設定、URLのSEO最適化など、細かい設定も行います。

それだけではありません!面倒なドメイン取得や、サーバー取得の代行も行わせていただきます。

副業が可能になってきている時代、本業以外の収入源をあなたもつくりませんか?

本を出版しました!初心者でも出来るSEO対策10選
なかなか難しいと思われがちなSEO対策ですが、本書ではSEO初心者の方であっても理解しやすい内容となっております。社長様、店長様、アフィリエイター様、SEOに携わるマーケター様、どんな方であっても新しい価値を与えられる一冊となれば幸いです。 Amazon売れ筋ランキング 2019年2月 オンラインマーケティング部門 2位獲得! マーケティング部門 9位獲得! 対策キーワード「SEO対策」 1位獲得!
BlogSEO
シェアする
アガルト
トップへ戻る