【経営者向け】SEOのご相談無料受付中
詳細はコチラ

Web集客に必要な基本的な知識

今回はウェブ集客が難しいと思ってる方に向けて、本当にウェブで集客する事は難易度が高いのかについてお話します。

Web集客は難しいの?

現在ウェブを使った集客をしておりなかなか効果が出ないと思っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。集客する事自体、確かに難しいですが、チラシを配ったりするアナログな方法よりも効果測定などを行いPDCAを回すことによってより効果的な集客をすることができるので知識をつければつけるほどその効果が現れてきます。

現在ウェブでの集客が難しいと思っている方は今までどういった方法で集客を行っておりましたでしょうか。

SNS、リスティング広告、SEOなど様々ありますが、あらゆる種類のWeb集客方法を試してみたでしょうか?

段階、ステージによっても行うべきWeb集客方法は変わる

全く認知のされていないサービスやブルーオーシャンである業務内容、目新しいサービスを展開したときにそのサービスを認知させることは純粋にWeb集客の難易度が高いのは間違いありません。

上記のようなものは難易度が高いといえますが、行う業種、サービス、商品によって実施すべきWeb集客の方法は変わってきます。

サービス、店舗を認知させたいのであれば・・・

全く認知のされていないサービスや、店舗である場合まずは認知を進めるために有効なWeb集客方法を選ぶ必要があります。

認知度をアップさせるためにオススメなウェブ集客の方法はディスプレイ広告です。

ディスプレイ広告ではホームページ内にバナーを貼り集客する方法なのですが、なぜ認知をさせるのにディスプレイ広告が有効かというと、クリック型のウェブ広告と比較して多くの人にリーチ、表示させるできるからです。

クリックされて初めて費用が発生する

広告に興味をもち、クリックされて初めて費用が発生するため、全く興味の持っていないユーザーが広告をスルーしても、その分は費用に加算されません。

クリックされて初めて費用が発生するという点はクリック型と同じですが、二つの広告出稿方法を比較すると、多くのユーザに表示されるのは基本的にディスプレイ広告の方になります。

そして視覚的にサービス内容を伝えることができるため(GDN)認知を進めることができます。

そもそも認知されていないサービスの場合

目新しいサービスである場合にはそのサービス内容がどういったものであるか、また、そのサービスを利用してどういったメリットがあるかが伝わるバナー広告を用意する必要があります。

ですので、認知されていない。目新しいサービスであればあるほどバナー広告に工夫が必要になってきます。

いかにそのサービスがユーザにとって利用するとメリットがあるかを視覚的に訴える必要があるのです。

広告がクリックスルーされてばかりいると

クリックされなければ費用がかからないと話しましたが、実は細かく説明するとスルーされればされるほど1クリックあたりの費用の単価が上がってしまいます。

ですのでバナーもよくクリックされるものでなくてはなりません。

認知を進めたいと言う場合に行うべきWeb集客方法はディスプレイネットワークを使った広告を選び、ポイントはバナー広告の内容をいかに魅力的なものであるかを伝える必要があります。

バナーはメリットを伝えなければいけない

単にデザインが良いというだけではなく、しっかりとメリットが伝わるバナーを作成してもらうようにしましょう。その他認知させるために良いとされるWeb集客方法はFacebook広告などのSNS広告になります。

基本的にSNS広告は画像での広告になりますので、こちらもディスプレイ広告と同じように画像でどういった商品であるのか、どういったサービスであるのかを伝えることができるため認知させるのに役立ちます。

あまり知られていないサービスでSEO対策するなら工夫するように

認知されていない商品やサービス、店舗をWeb集客するのに特に工夫が必要であると言われるのはSEO対策です。認知が進んでいないサービスや商品を宣伝する場合は、関連するサービスや商品で検索エンジンで引っ掛け、自社サービスを売り込む必要があります。

例えば、ノウハウ系の電子書籍を販売するとします。電子書籍を買いたいユーザは電子書籍そのものが欲しいのではなくその本に書かれているノウハウを知りたいのです。

電子書籍に書かれているノウハウの一部を情報発信し、そのノウハウ記事が良いと思ったお客さんがいればさらに情報を仕入れようと思えば電子書籍を買うことにつながります。

SEO対策も導線作成も連想ゲーム

SEO対策でのコンテンツ企画や導線作成も連想ゲームのようなものです。

例えば、夜行バスに乗った人が目的地に着き、次に何を求めるかを考えてみてください。

夜行バスに乗った客はその後シャワーを浴びたい、着替えたい、仮眠をとりたいと予想することができます。

長距離バスの終着点の近くに温泉を経営したいのであれば、長距離バスに乗った方向けにここに温泉がありますよと言うふうに記事を書く必要があるのです。ユーザが何に困ってその商品を買うのか、そのサービスを利用するのか、ということを考えることによって新しいキーワードの発見にも繋がります。

キーワード対策の宝庫であるYahoo!知恵袋

SEOの対策キーワードを考える場合、どんな記事を書けばいいのか迷った場合に活用できるものはYahoo!知恵袋といったQ&Aのサービスになります。あそこには悩みが書いてあり、そこにちゃんとした答えがあります。

さらに一番ユーザの役に立ったと思われる答えにはベストアンサーとして残っています。

これは、記事を作成するときに、どんな悩みをユーザーが抱えているか、そしてどういった記事を書けば問題を解決できるか探す糸口になります。

キーワードの見つけ方は様々ありますので、ツールを駆使して、ユーザーに価値ある記事を作成するようにしましょう。

基本的なキーワードは関連キーワードである事は忘れないでいただければと思います

アフィリエイトをわたしもはじめてみる!

150以上のアフィリエイト制作に携わり、100社以上のSEO施策を行ったSEO検定1級を保持しているプロがあなたのアフィリエイトサイトを制作代行いたします。

キーワード調査を行い、コンテンツ制作をするのは当たりまえ、スピード対策やSEOに効果のある面倒なALT属性設定、URLのSEO最適化など、細かい設定も行います。

それだけではありません!面倒なドメイン取得や、サーバー取得の代行も行わせていただきます。

副業が可能になってきている時代、本業以外の収入源をあなたもつくりませんか?

本を出版しました!初心者でも出来るSEO対策10選
なかなか難しいと思われがちなSEO対策ですが、本書ではSEO初心者の方であっても理解しやすい内容となっております。社長様、店長様、アフィリエイター様、SEOに携わるマーケター様、どんな方であっても新しい価値を与えられる一冊となれば幸いです。 Amazon売れ筋ランキング 2019年2月 オンラインマーケティング部門 2位獲得! マーケティング部門 9位獲得! 対策キーワード「SEO対策」 1位獲得!
Blog集客・販売促進
シェアする
アガルト
トップへ戻る