【経営者向け】SEOのご相談無料受付中
詳細はコチラ

Facebookページショッピング機能とは?使い方&コレクション機能

Facebookページショッピング機能とは?使い方&コレクション機能 Blog

今回はFacebookページの機能にあるショッピング機能についてご説明します。ショッピング機能を使うことにより、自社の商品を宣伝することができます。

FBショッピング機能とは?

ショッピング機能とは、名前の通り、Facebookページに商品を紹介するページのことです。通常機能で現状ではFacebook上では決済はすることができません。

ショッピング機能の仕組み

では、ショッピング機能はどういったことができるかというと、Facebookページに商品を掲載して、実際に決済システムの入っている通販ページへの導線をつくることができます。その場で決済することはできませんが、商品販売の促進をすることができます。

ショッピング機能の商品掲載後審査が行われる

商品を掲載した後ですが、すぐに商品が掲載されることはなく、審査が行われます。審査が通り次第掲載がユーザーに閲覧可能状態になります。

審査には時間がかかる

審査にかかる時間はまちまちですが、早い場合は30分程で、遅いと数時間かかってしまいます。審査には基準があり、ルールに沿ってないと審査落ちしてしまいます。審査落ちしても再度審査をしてもらうことは可能です。

ショッピング機能で商品を掲載する際のルール

ショップセクションに出品する際のガイドライン

ページのショップには必要な数だけ出品できます。ここでは、製品の画像、説明、バリエーションの追加に関する要件と推奨事項について説明します。

画像

要件

  • 製品ごとに少なくとも1つの画像が必要です。
  • 画像は製品自体の画像である必要があります。製品のグラフィック(イラストやアイコンなど)は使用できません。

推奨事項

次のような画像を使う必要があります。

  • わかりやすく、製品全体が表示されている
  • 1024 x 1024以上の解像度
  • 正方形のフォーマット
  • 製品を近距離から写している
  • 背景が白い
  • 実生活にあるシチュエーションで製品が撮影されている

次を含む画像は使用できません。

  • テキスト(コールトゥアクションやクーポンコードなど)
  • 不快なコンテンツ(ヌード、性的に露骨な表現、暴力など)
  • 広告素材や宣伝素材
  • ウォーターマーク
  • 時間的制約のある情報(期間限定の値下げなど)

説明

要件

  • リッチテキストのみ(HTMLなし)

推奨事項

説明は以下の条件を満たしている必要があります。

  • 製品に直接関連のある情報のみを提供する
  • 簡潔で読みやすい
  • 製品の特徴を紹介する
  • 文法的に正しく、句読点の誤りがない

説明には以下を含めることはできません。

  • HTML
  • 電話番号やメールアドレス
  • 長いタイトル
  • 過剰な句読点
  • すべて大文字またはすべて小文字
  • 本や映画の結末

製品詳細

要件

  • 製品ごとに使用できる製品詳細は4つまでです。

注: 製品詳細とは、色、長さ、サイズなどのことです。1つの製品詳細には、必要な数だけオプションを含めることができます。たとえば、靴下の製品詳細として色を含めることができ、色のオプションとして、赤、青、緑、黄色、紫を含めることができます。

推奨事項

  • 製品詳細には省略形を使用しない(例: 「L」ではなく「Large」と記載する)
  • 1つの製品を複数回出品するのではなく、製品詳細を活用します。https://www.facebook.com/business/help/481150918755515
アフィリエイトをわたしもはじめてみる!

150以上のアフィリエイト制作に携わり、100社以上のSEO施策を行ったSEO検定1級を保持しているプロがあなたのアフィリエイトサイトを制作代行いたします。

キーワード調査を行い、コンテンツ制作をするのは当たりまえ、スピード対策やSEOに効果のある面倒なALT属性設定、URLのSEO最適化など、細かい設定も行います。

それだけではありません!面倒なドメイン取得や、サーバー取得の代行も行わせていただきます。

副業が可能になってきている時代、本業以外の収入源をあなたもつくりませんか?

本を出版しました!初心者でも出来るSEO対策10選
なかなか難しいと思われがちなSEO対策ですが、本書ではSEO初心者の方であっても理解しやすい内容となっております。社長様、店長様、アフィリエイター様、SEOに携わるマーケター様、どんな方であっても新しい価値を与えられる一冊となれば幸いです。 Amazon売れ筋ランキング 2019年2月 オンラインマーケティング部門 2位獲得! マーケティング部門 9位獲得! 対策キーワード「SEO対策」 1位獲得!
BlogSNS
シェアする
アガルト
トップへ戻る