【経営者向け】SEOのご相談無料受付中
詳細はコチラ

ドアウェイページ(誘導ページ)とは?絶対やってはいけないSEO対策

今回はドアウェイページについて、ご紹介します。

ドアウェイページ(誘導ページ)とは

ドアウェイページとは、品質の低いページを大量に生成し、H1やタイトル等の一部のみを変更することにより、あらゆるキーワードでそれぞれのサイトに訪問させて、特定のコンバージョンをうませる行為を指します。

昔流行ったドアウェイページはH1やタイトルの部分のみ地域名でそれぞれ対応させるものが多くありました。

そもそもドメインを大量に作成して同じような内容のサイトを作成するのはユーザーにとっては意味がなく、2つ以上必要ではありません。

ユーザのことを考えず、単純にコンバージョン目的に誘導させる行為はダメと言うことになります。

ドアウェイページ(誘導ページ)の作成はペナルティになり得る

このようなドアウェイページを作成すると、現在ではペナルティーを食ってしまいます。

検索エンジンが賢くなかった頃は、こういったとウェブページであっても上位表示されることがありました。

また、サイトの中身が質の低い場合でも被リンクが大量にあるとそれだけでも上位表示されることがありました。

SNSとの連携はSEOでマイナスになるのか

誘導されるという点で、ブログを更新した際にTwitter等に連携させる事はドアウェイページに該当するのかという点ではありますが、こちらはドアウェイページ(誘導ページ)に該当しません。

誘導ページは大量なリンクサイトを生成し、同じようなコンテンツで特定のページに誘導させコンバージョンさせるというものになります。

ドアウェイページはGoogleも禁止しておりますので、今さらドアウェイページを作成する方もいらっしゃらないかもしれませんが、ブラックハットなやり方で検索エンジン対策をするのはやめるようにしましょう。

似たコンテンツは重複コンテンツとしてSEOでマイナスに

複数のサイトを運用していて、コンテンツが極似している場合は重複コンテンツとしてSEOでマイナスになりうる可能性もあります。

まとめ

コンバージョンを欲しいからといって同じようなサイトを作成し、タイトルや、H1のだけを変更するという方法で、上位表示させるのはやめるようにしましょう。

アフィリエイトをわたしもはじめてみる!

150以上のアフィリエイト制作に携わり、100社以上のSEO施策を行ったSEO検定1級を保持しているプロがあなたのアフィリエイトサイトを制作代行いたします。

キーワード調査を行い、コンテンツ制作をするのは当たりまえ、スピード対策やSEOに効果のある面倒なALT属性設定、URLのSEO最適化など、細かい設定も行います。

それだけではありません!面倒なドメイン取得や、サーバー取得の代行も行わせていただきます。

副業が可能になってきている時代、本業以外の収入源をあなたもつくりませんか?

本を出版しました!初心者でも出来るSEO対策10選
なかなか難しいと思われがちなSEO対策ですが、本書ではSEO初心者の方であっても理解しやすい内容となっております。社長様、店長様、アフィリエイター様、SEOに携わるマーケター様、どんな方であっても新しい価値を与えられる一冊となれば幸いです。 Amazon売れ筋ランキング 2019年2月 オンラインマーケティング部門 2位獲得! マーケティング部門 9位獲得! 対策キーワード「SEO対策」 1位獲得!
BlogSEO
シェアする
アガルト
トップへ戻る