【経営者向け】SEOのご相談無料受付中
詳細はコチラ

Web集客の方法13種類大公開!集客パーフェクトガイドライン

Web集客の方法13種類大公開!集客パーフェクトガイドライン Blog

今回はWeb集客に悩まれている方向けにどういったWeb集客方法があるのか?また、集客方法について詳しく書いてあります。長文コンテンツになりますので、少しずつ読み進めていただければと思います。

  1. Web集客とは
    1. Web集客のメリット
    2. Web集客のデメリット
  2. Web集客の考え方
    1. 「簡単に誰でもわかりやすく」
    2. 「他社や他店との違いを伝える」
    3. 「他のホームページや広告よりも目立たせる」
  3. Web集客方法
    1. 無料で行うWeb集客方法
    2. SNSを活用し、お客様を獲得する
    3. SNSでファンを獲得することがWeb集客につながる
    4. SEO施策を行い、Web集客をする
  4. SEOとは?
    1. SEOでWeb集客する方法
    2. 価値ある記事の作成
    3. リンクを獲得する
    4. タイトル最適化
    5. より専門的にSEO対策を説明すると
    6. SEOでWeb集客するうえで最低限知っておくべき知識
  5. 有料で行うWeb集客方法
    1. リスティングでWeb集客する方法
  6. リスティング広告とは?
    1. リスティング広告の料金システムは?
    2. リスティング広告のメリット
    3. リスティング広告のデメリット
    4. リスティング広告要点まとめ
  7. リスティングを始めたい方向けの基礎情報
  8. リスティング広告の運用方法
    1. ターゲットの絞込みについて
  9. SNS広告とは?
    1. SNS広告のメリット
    2. SNS広告のデメリット
    3. SNS広告はいつでもストップ可能
  10. 各SNS別Web集客方法
  11. FacebookでWeb集客(無料)をしたい
    1. Facebook運用のメリット
    2. 「実名登録のため、他のSNSより信頼性・質が高い」
    3. 「ツイッターと比較すると、情報が流れずにたまりやすい」
    4. Facebook広告のデメリット
    5. 「拡散される率がTwitterと比較した場合少ない」
    6. 「常に更新をし続けなければいけない」
    7. 「コメントの対応をする必要がある」
    8. ファンを獲得する方法とコツ
    9. 「有益な情報」を提供するというのは
    10. 「投稿を怠らないこと」
  12. Twitter(無料Web集客)
    1. 「非常に拡散性が高い」
    2. 「情報の今を伝えることができる」
    3. 「サイトへの導線がつくりやすい」
    4. 「炎上しやすい。企業・店舗イメージを傷つけてしまう可能性がある。」
    5. 「文字数の制限があり要点しか伝えることができない」
    6. 「定期的に更新する必要がある」
    7. 「間違えた情報であっても拡散されてしまう可能性がある」
    8. ファンを獲得する方法とコツ
    9. 「ターゲット層を絞ったツイートをする」
    10. 「バズりやすい時間帯に更新する」
    11. 「感情を動かすツイートをする」
    12. 「ハッシュタグを利用する」
    13. TwitterでのWeb集客について
    14. TwitterでのWeb集客の注意点
    15. 「急激にフォロワーを増やした」
    16. 「いろんなユーザーに無作為にいいねした」
    17. 「無意味なツイートばかりしている」
    18. 「操作ミスをしてしまった」
    19. フォロワーを短期間で増加させる極意
  13. Instagram(無料Web集客)
    1. 「情報をつたえやすくイメージしてもらいやすい」
    2. 「余計な情報を載せなくても、反響が得られる場合がある」
    3. 「常に写真をとっている企業・店舗であればコストがかかりにくい」
    4. 「拡散性が低い」
    5. 「常にいい画像を提供しなければいけない」
    6. 「ハッシュタグを利用する」
    7. 「良質な写真を投稿する」
    8. 「写真に統一感をもたせる」
    9. 自動運用ツールを利用する。
    10. ショッピング機能を利用する
  14. Line@(無料Web集客)
    1. 「リピーター客をつくりやすい」
    2. 「集客に特化した機能が充実している」
    3. 無料でほとんどが対応できる
    4. Line@のデメリット
    5. 「新規でともだち追加をしてもらうのが難しい」
    6. 「欲しい特典をゲットしたらブロックされてしまう」
  15. YouTube(無料Web集客)
    1. 「一度アップしてしまえばコンテンツが残る」
    2. 「商品・サービスを細かく紹介することができる」
    3. 「記憶にのこりやすい」
  16. Tik tok (無料Web集客)
    1. 「動画を作成するための機能がそろっている」
    2. 「動画作成に手間がかからない」
    3. 「動画で1から10まで伝えることができない」
    4. 「動画を流し見されてしまう」
    5. 「おすすめにのらなければ視聴回数が伸びない」
  17. 無料ブログでの集客
  18. 無料ブログでWeb集客するメリット
  19. 無料ブログでWeb集客するデメリット
  20. 無料のブログサービス一覧
  21. はてなブログとは?
    1. はてなブログはとくにこんな方におすすめ
    2. はてなブログでWeb集客をするメリット
    3. 「様々なデザインにすぐ変更することができる」
    4. 「ボタンひとつで貼り付けが可能」
    5. 「ブロガー同士のコミュニケーションが可能」
    6. はてなブログでWeb集客をするデメリット
    7. 「広告が表示されてしまう」
    8. 「ブログが消去されてしまう可能性がある」
  22. アメブロでWeb集客をする
    1. アメブロとは?
    2. アメブロでWeb集客をするメリット
    3. 「有名なブログサービスなのではじめやすい」
    4. アメブロでWeb集客をするデメリット
  23. FC2ブログでWeb集客をする
    1. FC2ブログはとくにこんな方におすすめ
    2. FC2ブログでWeb集客をするメリット
    3. 「無料ブログでは珍しいアダルトジャンルの記事を書ける」
    4. 「表示される広告が小さい」
    5. 「カスタマイズしやすい」
    6. FC2ブログでWeb集客をするデメリット
    7. 「有料化で独自ドメインにする際他社で取得した独自ドメインが利用できない」
    8. 「ブログをひとつしか作ることができない」
    9. ブロマガという機能が備わっている。
  24. 有料ブログで集客をする
    1. 有料ブログサービス一覧
  25. WordPressとは?
    1. WordPressはこんな方におすすめ
    2. WordPressでWeb集客をするメリット
    3. マット・カッツ氏のコメント
    4. 「拡張性が高い」
    5. 「デザインテンプレートが豊富」
    6. WordPressでWeb集客をするデメリット
    7. 「セキュリティが弱い」
  26. はてなブログ(有料版)でWeb集客をするメリット
    1. 「はてなブログの便利な機能そのままに広告を完全に非表示にできる」
  27. 結局どのブログサービスがWeb集客に一番いいの?
  28. インフルエンサーを利用してWeb集客をする方法
    1. インフルエンサーを利用してWeb集客をするメリット
    2. 「インフルエンサーのファンの方からの反響が大きい」
    3. インフルエンサーを利用してWeb集客をするデメリット
  29. 最後に

Web集客とは

Web集客とはインターネットを使い、ネット上でお客様を獲得することをいいます。

「Facebook」や「Twitter」、「インスタグラム」等のSNSや、「Google」や「Yahoo!JAPAN」などの検索エンジンを活用することによってWeb集客を行うことができます。

Web集客のメリット

Web集客のメリットとしましては、一番に効果測定をすることができるということです。

従来のチラシやCMといった宣伝方法の場合、どれぐらい反響があったか具体的な数字をだすのが難しいですが、Webを使った集客の場合様々なツールを利用することによってどれだけ訪問数がありどれだけ電話の問い合わせがあったか、さらには成約を何件獲得することができたかまで正確に計測することが可能になります。

また、無料で集客をすすめることができるのもWeb集客のメリットになります。

チラシなどでの宣伝の場合、必ず費用がかかってしまいますが、SNSやSEO対策で集客ができれば費用がかからないので安心してスタートする事ができます。

個人事業主様や中小企業の場合、費用をかけたくないというのが実状だと思いますので、まずは効率的にwebを利用してWeb集客できるように努めるといいでしょう。

さらにWeb集客のメリットとしては、情報をすぐに発信することができるということです。

SNSにしかり、ホームページにしかり、更新すればすぐに情報をユーザーに伝えることができます。

よりスピーディにお客様に情報を届けることができるのもWeb集客のメリットといえるでしょう。

他の広告と比べ、比較的小額からスタートさせることも可能ということも大きなメリットになります。

Web集客のデメリット

Web集客のデメリットとしましては、インターネットを利用していないユーザーには情報をリーチさせることができないということです。

現代では年々インターネットを利用するネットユーザーが増えてきていますが、高齢者の中にはまだネットを利用していないという場合もあるでしょう。

インターネットを利用しないユーザーにもリーチしたい場合には、他の集客方法を考える必要があります。

とはいえ、Web集客はたくさんのメリットがあるので、新しい集客の方法を探しているという場合は是非Webを使った集客をとりいれていただければと思います。

Web集客の考え方

Web集客を成功させる考え方、ポイントには大きく3つあります。

1簡単に、誰でもわかりやすく

2他社や他店との違いを伝える

3他のホームページや広告よりも目立たせる

この3つがWeb集客で大切なポイント、考え方になります。

「簡単に誰でもわかりやすく」

サイトへ訪れたユーザーに対して提供する記事が、読み解くのに難しい内容であった場合、最後まで記事を読んでくれなくなり、戻るボタンを押して別のわかりやすい記事にうつってしまいます。

(お客様を獲得する為の機会を損失してしまうことにつながってしまいます。)

ですので、ホームページに訪問した見込み客(ユーザー)を、店舗に訪れるお客様に変えるために、誰でも理解ができるわかりやすい記事(内容)を作成する必要があります。

では、わかりやすい記事とはどういったものになるでしょうか?

答えは簡単です。難しい専門用語や難しい漢字、用語を使わずに記事を書くのです。

ユーザーは自分の悩みや問題を解決してくれるページやサイトを探しています。

自己満足のために難しい内容で記事を書いたところで意味はありません。

サイトに訪問してもらい、ユーザーに満足してもらえる記事を提供してはじめて、ホームページに価値が生まれるのです。

具体的にわかりやすい記事を書くための方法をまとめます

・長文の場合は間に画像を挿入する

・なるべく専門用語をつかわない

・難しい漢字はつかわない

・誤字脱字や、難しい言い回しはしない

以上。

もし、伝えたい情報が多く、長文になってしまう場合には、記事をわけるか、ユーザーを飽きさせないように画像を追加するようにしましょう。

ポイント)わかりやすい記事を作成するために、専門用語・難しい漢字・誤字脱字には注意しましょう。

現在のWEB上には、星の数ほどホームページが存在するので、ありふれたような内容ではユーザーが満足しなくなっています。

他のホームページにはない情報や、自分で撮った写真、自分で作成した画像を利用して他にはないサイトを目指して差別化を図っていくといいでしょう。

「他社や他店との違いを伝える」

サービスやお店を選ぶ際に、お客様はそこにしかない魅力をさがしています。

広告を出稿する場合の広告文や、ホームページの内容は、他社(他店)との違いを記載するようにしましょう。

・こだわり

・商品

・実績

・自社や自店ができること

他社(他店)との違いを示す内容は以上。

サービスや商品を利用したら、どういった価値やメリットがあるのか?違いを伝えましょう。

「他のホームページや広告よりも目立たせる」

目立たせることは、認知度をアップさせるための重要な要素になります。

サイトや広告にインパクトを持たせ、記憶に残らせる事が重要になります。

何度も同じ広告を配信することによって、徐々に認知度があがっていくので、視認性の高い色使いや、”驚き”などの感情の変化が伴う広告を作成するようにしましょう。

※Google広告を認知の為に使う場合はディスプレイ広告が望ましい。

過激な行動をする事によって再生回数を伸ばすユーチューバーや、炎上させるようなツイートをわざとして目立つユーザーがいますよね?

認知度を上げる為にはまずは目立たせる!これを頭に入れていただければと思います。

店舗(企業)も目立たなければ、認知⇒売り上げに繋がらないので、「キラリと光るキャッチコピー」を考えてみてはどうでしょうか?

※USP(独自の売り)を提示する事によってかなり売上が変わります。LP(ランディングページ)に商品の性能が一言でわかるUSP記載しただけでCVが半年で10倍変わったりします。

Web集客方法

Web集客の方法には大きく分けて「無料で集客をする方法」、「広告を配信し有料で集客する方法」「外部サービスを利用する方法」の3パターンがあります。

無料で行うWeb集客方法

・SNS(FacebookやTwitterなど)を活用した無料のWeb集客。

・SEO(Google、Yahoo!JAPANなど)検索エンジンを活用した無料のWeb集客。

SNSを活用し、お客様を獲得する

Web集客に使う、代表的なSNSにはFacebook・Twitter・インスタグラム・ユーチューブがあります。

SNSを活用して無料で集客する場合には、新しい情報を発信し、随時更新をしていく必要があります。

また、配信する時間帯や、曜日などを考慮する事で、効果を上げることができます。

業種によって、配信する内容や配信すべき時間帯が大分変わってくるので、様々な配信方法を試してみるのがいいでしょう。

業種によって相性の良いSNSも違うので、効果的にWeb集客ができるツールが見つかれば、集中的に活用するようにしましょう。

SNSでファンを獲得することがWeb集客につながる

SNSで発信しているだけではお客様獲得することは難しいので、まずはファンを集めることに集中しましょう。

自店に訪れてもらうためには、サービスを利用する事によって、どんなメリットがあるのか?を伝えなければいけません。

他社(他店)との違いを発信するだけでなく、ユーザーに価値ある情報を発信するということを一番に考えましょう。

SEO施策を行い、Web集客をする

GoogleやYahoo!JAPANを活用し、Web集客するためには、SEO対策を行う必要があります。

GoogleやYahoo!JAPANからWeb集客することが出来れば、無料で集客することが可能になります。

では、SEOとは何かをご説明いたします。

SEOとは?

Yahoo・Googleでキーワード入力した際に「自身のホームページ」掲載順位が、上位になるように工夫する施策のことです。

ひとつの検索キーワードに対し、数千~数百万とあるWEBサイトの中で上位表示されなければ、クリックもされずに膨大にあるWEBサイトのひとつとして埋もれてしまう事になります。

上位表示ができれば、おのずと訪問者が増加し、お客様を獲得することが可能になります。

SEOでWeb集客する方法

ではどうやってSEO対策を行うかを説明いたします。

SEO対策をするためには大きく3つの方法があります。

・自社(自店)のホームページに良質な記事を書く(ユーザーに価値がある記事)

・たくさんの人に自身のホームページを紹介してもらう(リンクを獲得する)

・記事を作成する際に、クリックされやすいタイトルにする。(魅力的なタイトルをつける)

価値ある記事の作成

第一に、SEO対策で重要なのが、ユーザーに価値ある記事を作成することです。

現在のSEOは「コンテンツイズキング」や、「コンテンツファースト」と言われ、非常にコンテンツが重要とされています。

ユーザーが面白いと思うコンテンツ、役に立つコンテンツを作成することによって、ホームページのファンとなり、何度もサイトへ訪れてくれるようになるでしょう。

とにかく品質の良い記事を作成し、お客様のためを考え執筆していくことを頭にいれておいていただければと思います。

リンクを獲得する

第二に、たくさんの人に自身のホームページを紹介してもらい、リンクをたくさん獲得することが大切になります。

様々なホームページからリンクを貼られ、紹介してもらえるということは、コンテンツに価値があり、誰かに情報を共有したいという表れです。

たくさんリンクが貼られて紹介されているサイトは、人気があるホームページであるとGoogleやYahoo!JAPANも認識して上位表示させるのです。

※こういったリンクのことを「被リンク」といい、被リンクを獲得する際のポイントとしては、規模の大きいサイトから紹介されると、SEO的に大きな効果となります。

非リンクは「量と質」が重要です。

タイトル最適化

第三に、クリックされやすいタイトルに変えるが大切です。

第一に価値のある記事を作成するといいと説明しましたが、GoogleやYahoo!JAPANといった検索結果画面の中でクリックされなければ、そもそもサイトへ訪問されません。

ですので、クリック率があがる魅力的なタイトルをつけましょう。

要点をまとめると、ユーザー目線の記事を作成し、価値のある情報を提供して、人気を獲得するということです。

より専門的にSEO対策を説明すると

より具体的にSEO対策について説明すると、さきほどの3つの対策方法は「内部SEO対策」「外部SEO対策」「コンテンツSEO対策」を指します。

・内部SEO対策とは・・・タイトル変更などを行い、ユーザーに使いやすいサイトに整え、検索エンジンにしっかりサイト内容を伝える施策。

・外部SEO対策とは・・・他のサイトから被リンクを獲得する為の施策。

・コンテンツSEO対策とは・・・キーワードを意識しながらユーザーに価値ある記事を提供する施策。

上記3つのSEO対策を同時に進行していくと、より上位表示されやすくなります。

SEOでWeb集客するうえで最低限知っておくべき知識

・サイトスピード

・良い被リンクと悪い被リンク

・ドメイン年齢

・コンテンツのコピーは駄目

Googleは、サイト表示スピードの速いサイトは、上位表示するようになっています。

※2018年の7月に、スピードアップデートが行われました。

有料で行うWeb集客方法

有料で行うWeb集客には「リスティング広告」「SNS広告」「アフィリエイト広告」など様々な方法あります。

はじめに、「リスティング広告」と「SNS広告」に絞って説明をしようと思います。

リスティングでWeb集客する方法

「リスティング広告」でWeb集客をする方法ですが、そもそも皆さんはリスティング広告をご存知でしょうか?

リスティング広告とは?

リスティング広告(検索連動型広告)とは、GoogleやYahoo!JAPANの有料検索枠に表示させる広告になります。

通常の自然検索部分との違いは「広告ラベル」の有無によって見分けがつきます。

また、バナー形式で宣伝するディスプレイ広告や、一度訪れたユーザーに再度宣伝するリマーケティングなどもあります。

リスティング広告の料金システムは?

  • クリック課金制
  • 料金設定は入札形式(オークション型)

”クリック課金制”とは、クリックされてはじめて費用が発生するということです。

ですので、いくら広告がGoogleの検索結果画面上に表示されてもクリックされなければ料金は発生しません。

また、いつでも広告をストップすることができるので、少額から広告を出稿させることが可能になります。

”料金設定は入札形式”というのは、ユーザーが検索するたびに入札が行われ、1クリックあたりの単価が一番高く設定されているサイトが上位表示されやすくなっています。

(具体的には品質スコアなども関係します。)

リスティング広告のメリット

リスティング広告のメリットは、少額からはじめることができ、効果がなければすぐに広告を廃止することが出来るということです。

例えばテレビCM広告の場合、不特定多数に広告を配信しますが、リスティング広告の場合、東京に住んでいる人限定で広告を配信することや、女性にのみ配信をするということが可能で、興味のない人には広告を配信させないという選択ができるため、広告費用を抑えることができます。

また、ユーザーの検索したキーワードに対して広告をだすことができるので、他の広告よりもアクションをとってもらいやすく、成立になる確率も高いのがメリットになります。

例えば「眼鏡 通販」で検索したユーザーにのみ広告を配信する設定をすれば、確実に眼鏡を購入したいユーザーや、眼鏡を購入することを検討しているユーザーにリーチさせることができます。

リスティング広告は費用が発生してしまいますが、SEOよりもすぐ効果を出すことができます。

リスティング広告のデメリット

リスティング広告のデメリットとしては、費用が必ずかかってしまう点と、広告の配信をストップした途端にホームページへ流入させることが難しくなってしまう点です。

SNSで広告を使用せずに、配信するだけという場合は、もちろん費用が発生することはありません。

またSEO対策を行う場合も、自社で行えば費用が発生しません。

ですので、費用を全くかけたくないというのであれば、リスティング広告ではなく、SNSやSEOを活用して集客することをオススメします。

また、リスティング広告の場合、費用を支払うことによって広告が表示されるので、配信をストップした途端に広告枠に表示されなくなり、リスティング広告からの流入が0になってしまいます。

リスティング広告要点まとめ

リスティング広告はメリットとデメリットがありますが、他の広告に比べて費用対効果の高い広告になりますので、Web集客で何らかの広告を考えている場合は、リスティング広告からはじめてもいいかと思います。

要点をまとめますと、①予算調整が柔軟に可能②クリックされるまで予算が消化されない。③効果がでなければ配信方法を変え、ストップさせることができる。

リスティングを始めたい方向けの基礎情報

リスティング広告に興味をもたれた方がいらっしゃると思いますので、基礎情報を説明いたします。

※リスティングを設定する知識がないと、無駄な配信によって、余計な費用を支払わないといけなくなってしまうので注意してください。

リスティングの基本用語

CPAとは・・・コンバージョン獲得単価

CPCとは・・・クリック単価

CVRとは・・・コンバージョン率

IMPとは・・・広告が表示された回数

CTsとは・・・クリック数

CTRとは・・・クリック率

入札単価とは・・・グループやキーワードの上限CPC

CPMとは・・・表示1000回あたりの単価費用対効果の指標

CVsとは・・・コンバージョン数

リスティング広告をはじめる前に、リスティングの基本用語は必ず覚えるようにしましょう。

リスティング広告の運用方法

IMPを増やしたい→KWを追加・部分一致KWを追加・一日の予算を上げる

CTRをあげたい→掲載順位をあげる・広告文を見直す

CVRをあげたい→広告文を見直す・対象外KWの追加・ターゲティング変更

ターゲットの絞込みについて

年齢層で絞込み・地域で絞込み・性別での絞り込みなど、配信するターゲットを限定することが可能になります。

SNS広告とは?

SNS広告とは、「Facebook」や「twitter」などのSNS上に表示させる広告のことをいいます。

Webサイトへのアクセス数を増やしたいという方や、企業や店舗の認知度をアップさせたいという場合には、とくにおすすめのWeb集客方法となります。

SNS広告のメリット

SNS広告のメリットーリスティング広告と比較すると簡単に広告を出稿することが可能なため、今までWEBに広告をだしたことがない方でも気軽にはじめることができます。

Web集客初心者の方におすすめです。

とくにFacebook広告の場合、数回クリックし、選択するだけで配信をすることができてお手軽です。

また、リスティング広告と同様に地域でターゲットを絞ることや、年齢で絞ることが可能になります。(その他性別、言語、学歴、職業、交際ステータス、興味・関心、ライフイベント等、様々な項目で絞り込むことが可能。)

SNS広告のデメリット

SNS広告は認知度アップや、アクセスアップは期待できるが、なかなか成約にいたらない点と、サイトの滞在率が低い傾向にある点がデメリットであると言えます。

サイトの滞在率と成約が低くなってしまう原因は、少しでも関心が惹かれた場合に、無意識にクリックしてしまうので、購入のつながる事のないユーザーにもリーチしてしまう事が挙げられます。

SEO的に、ユーザーが流入してからどれだけ長く滞在したかというのが重要になるため、サイト流入してからすぐに直帰してしまうユーザーが増えれば順位に悪影響がでる可能性もあります。

SNS広告はいつでもストップ可能

SNS広告の場合も、効果がなければ途中でストップすることが可能な為、低予算ではじめることができますが、先ほど説明したようなデメリットも存在するので、自社に合った広告の配信をみつけるといいでしょう。

広告出稿する場合はSNSでも費用がかかるということは覚えておきましょう。

まったく費用をかけることなく集客したいのであれば、広告をださずに通常の運用でファンを獲得していきましょう。

各SNS別Web集客方法

現在、様々なSNSが登場していますが、各SNS別のWeb集客をする方法とコツ、メリット・デメリットを紹介いたします。

FacebookでWeb集客(無料)をしたい

FacebookでのWeb集客はとくにこんな方におすすめ・・・

サービスや商品についての詳細をしっかり伝えたい場合や、SEOまで手がまわらない場合は、FacebookでのWeb集客がおすすめになります。

Facebook運用のメリット

・企業・店舗ページをFacebookで作成した場合に上位表示されやすい

・実名登録のため、他のSNSより信頼性・質が高い

・ツイッターと比較すると、情報が流れずにたまりやすい

「企業・店舗ページをFacebookで作成した場合に上位表示されやすい」

FACEBOOKは、他のSNSページと比較して、Google等の検索エンジン一ページ目にでてくる可能性が高い傾向にあります。

企業名などの指名ワード(ユニクロ・コカコーラ)の場合は、とくに上位表示してくるようになるでしょう。

「実名登録のため、他のSNSより信頼性・質が高い」

実際にFacebookを利用している人であればわかると思うのですが、登録しているユーザーのほとんどが、実名で利用しています。

ですので、他のSNSよりも安心してページを運用することができ、不要な炎上がおきにくいということがメリットとして挙げられます。

(自分の実名を知られてまで、批判はしにくい。)

もし、マイナスなコメントをもらう事の少ないSNSを運用したいというのであれば、Facebookの利用をおすすめします。

「ツイッターと比較すると、情報が流れずにたまりやすい」

投稿の種類が日記型のため、有益な情報を記載してある記事であればしっかりと中身を読んでもらうことが可能になります。

Twitterの場合、一回の投稿の文字数に制限設けられているため、重要なことは伝えられても詳細な情報に関しては別ページに飛ばして読んでもらわなければいけなくなってしまいます。

要点から詳細までしっかりユーザーに伝えることが出来るのがFacebookです。

Facebook広告のデメリット

・拡散される率がTwitterと比較した場合少ない

・常に更新をし続けなければいけない

・コメントの対応をする必要がある

「拡散される率がTwitterと比較した場合少ない」

Twitterの場合、「リツイート」や内容が良いと思った場合はすぐに「いいね」をする文化があり、拡散される率が高いのですが、Facebookの場合はシェア機能があるとはいえ、ツイッターほど拡散されません。

拡散される確率が低くても、リアルな友達とつながっているSNSなので、信頼している人のシェアであれば効果は高くなります。

「常に更新をし続けなければいけない」

SNSの運用は更新を続けなくてはいけません。

更新を怠ってしまい、情報が古くなってしまえば、企業や、店舗の印象が悪くなってしまいます。

ですので、時間的コストがかかってしまうのがデメリットといえるでしょう。

「コメントの対応をする必要がある」

ユーザーと直接的にコミュニケーションを図ることができるというのはメリットなのですが、コメントに対応する際に時間的コストがかかってしまいます。

ですので、どこまでの範囲、どのような内容の場合に返信するということを、はじめに決めてしまい、よくある質問内容などがあれば別途まとめておくといいでしょう。

ファンを獲得する方法とコツ

・宣伝ばかりしない

・有益な情報を提供する

・投稿を怠らないこと

「宣伝ばかりしない」というのは、自社や自店の宣伝ばかりになってしまうと価値のない情報となってしまい、どんなに良い投稿をしても内容をみてもらえなくなってしまいます。

「有益な情報」を提供するというのは

ホームページや他のSNSと同様に、ユーザーの悩みや、問題が解決するような情報を提供するように心がけましょう。

また、特定の情報はFacebookページでしか提供しないようにすれば、Facebookページを閲覧するユーザーが増えるでしょう。

「投稿を怠らないこと」

情報は常に最新のものでなくてはなりません。

FacebookはTwitterのような今を伝えるSNSではなく、どちらかといえば日記のような役割となるので2,3記事前の情報まですぐリーチすることができます。

ということは、もし情報が古かった場合に、現在行われていないサービスなど間違えた情報を伝えてしまうことになりかねません。

ですので、定期的に情報を更新していくのがFacebookでの無料Web集客には大事になってきます。

しかし、一日に5記事以上投稿するのは逆によくありません。

投稿しすぎてしまうと、しつこく感じさせてしまうので、一日1~2記事程度にするようにしましょう。

Twitter(無料Web集客)

TwitterでのWeb集客はとくにこんな方におすすめ・・・

情報を拡散させて、認知度をアップさせたい。

すぐに情報をユーザーに届けたい。

具体的な情報に関しては他のサービスを利用しているので、要点が伝えられればいいという場合はTwitterを利用したWeb集客がとくにおすすめになります。

メリット

・非常に拡散性が高い

・情報の今を伝えることができる

・ファンを獲得しやすい

デメリット

・炎上しやすい。企業・店舗イメージを傷つけてしまう可能性がある。

・文字数の制限があり要点しか伝えることができない。

・定期的に更新する必要がある。

・間違えた情報であっても拡散されてしまう可能性がある

「非常に拡散性が高い」

Twitterには”いいね”や”リツイートなど”拡散されやすく、横のつながりを作りやすい機能が豊富となっています。

簡単に自分がいいと思ったツイートを共有していく仕組みがととのっているので、SNSの中で最も拡散性が高いとされています。

「情報の今を伝えることができる」

一言でつぶやくSNSという特徴があるので「簡単気軽」に情報を発信することができます。

検索エンジンにリアルタイム検索がつながっているため、旬な情報を得たいユーザーにキャッチさせることができます。

「サイトへの導線がつくりやすい」

フォロワーが多ければ多いほど、サイトへの訪問者も増加します。

ユーザーに興味のある話題を提供すればするほどWeb集客につながるので認知度をアップさせファンを獲得していきましょう。

「炎上しやすい。企業・店舗イメージを傷つけてしまう可能性がある。」

Twitterは実名でアカウントを運用しているユーザーが少なく匿名性があります。

匿名性が高いため、自由な投稿に投稿できたり、知らない人簡単につながることがます。

しかし、自由な投稿がしやすい分、個人に対しても、企業に対しても批判がしやすくなっています。

ツイッターで炎上しニュースになったりしますが、それによって致命的なダメージを受けてしまう可能性もあります。

問題がないと思ってしたツイートであっても、人によって、受け取り方が様々ですので、ある程度の批判はあるというのを覚悟して運用する必要があります。

もし、安全に運用したいのであれば、むやみにフォローを増やさずに、興味関心のありそうなユーザーや、それに携わっている関係性のあるユーザーに絞ってフォローをしていくといいでしょう。

逆に炎上させることによって認知を高めることもできるので、ものは使いよう(Twitterの特徴)といったところでしょうか。

「文字数の制限があり要点しか伝えることができない」

一回のツイートには140文字しかいれることができないので、要点から詳細の1から10を伝えたい場合には向いていないということです。

どうしても伝えたい内容がある場合は、ツイートを複数回に分けて行わなければなりません。

複数回にわけて情報を伝えた場合、一部しか広まらずに情報が誤って伝わってしまう可能性があります。

もし、詳細まで伝えたい場合は、ホームページ内に内容を記載して、ホームページへのリンクを貼ったり、ホームページが更新されれば自動的にツイッターにも反映される設定をしましょう。

「定期的に更新する必要がある」

ツイッターの性質上、リアルタイムに特化したSNSのため、情報が流れやすいという欠点があります。

また、一度の投稿で急激にフォロワーが増えるというのは、元々認知されている有名人や企業でないと難しいので定期的にツイートをしてファンを獲得していかなければなりません。

集客とフォロワーを増やすためには継続的にツイートをする必要があるため、時間的コストがどうしてもかかってしまいます。

「間違えた情報であっても拡散されてしまう可能性がある」

一度ツイートした内容はリアルタイムなSNSであるツイッターの場合、すぐに拡散されてしまいます。

間違えた情報を流してしまったことによる損失や炎上が、取り返しのつかない状況になってしまう場合もあります。

誰でもすぐ簡単に一言つぶやける性質上、ツイッターのSNSを管理する担当者は炎上や損失を起こさない意識を持つ必要があります。

ファンを獲得する方法とコツ

・ターゲット層を絞ったツイートをする。

・バズりやすい時間帯に更新する。

・感情を動かすツイートをする

・ハッシュタグを利用する

「ターゲット層を絞ったツイートをする」

自店にWeb集客したいお客様というのはある程度決まっているかと思います。店舗や企業によってよく来店・商品を購入する年齢層や客層には偏りがあると思います。

そのターゲット層が望んでいるであろうツイート、ほしがっているであろう悩みを解決するツイートをすることによってより集客をすることができます。

「バズりやすい時間帯に更新する」

最もユーザーからの反響がある時間帯や、閲覧される時間帯にツイートをするということです。

店舗の地域や、企業のサービス内容によってもその時間帯というのは変わってきますが、一般的にリツイートされやすい時間帯は、

平日のリツイートされやすい時間帯:11時~15時

休日のリツイートされやすい時間帯:12時~14時

となっています。

「感情を動かすツイートをする」

ファンを獲得して、フォロワーを増やすためには一番大切になってきます。

人が情報を共有する動機というには、他人を楽しませる要素がある・驚きがある・幸せを感じた・同じ興味をもつ人との関係を築くためというのがあります。いずれも感情が動いた時に人はシェアするのです。

意外性のあるツイートも効果があるでしょう。

「ハッシュタグを利用する」

ご存知の方がほとんどだとは思いますが、

#○○○○というように、#のあとにキーワードを乗せて投稿をすると多くの方に配信することができます。

ハッシュタグを使うことによってどういったメリット(効果)があるかというと、

ユーザーがツイッターの検索機能を使った際にその記事がでてくる可能性が高くなるのです。

投稿する際には最低でも1つはハッシュタグをつけるといいでしょう。

そのときハッシュタグのあとにつけるキーワードは、ユーザーがより検索するだろうキーワードにしてください。

TwitterでのWeb集客について

Twitterは無料でできる非常に強いツールですので、効果も高いですが、失敗したときの痛手も大きいツールといえるでしょう。

また、過剰な運用を行うと制限がかけられてしまうことがあるので気をつけましょう。

TwitterでのWeb集客の注意点

Twitterは他のSNSよりも過剰な運用でペナルティを課されてしまう可能性が高くなっています。

もちろん、一度制限をくらってしまったアカウントでも制限を解除することができますが、制限がかけられてしまったことによる損失、最悪の場合アカウントが消滅してしまう可能性もあるので気をつけましょう。

・急激にフォロワーを増やした

・いろんなユーザーに無作為にいいねした

・無意味なツイートばかりしている。

・操作ミスをしてしまった

「急激にフォロワーを増やした」

アカウントを開設した際によくあるのがこのパターンです。

フォロワーを急激に増やしてしまうとアカウントが停止してしまうことがよくあるので、一日に増やすフォロワーの数は多くても30人~50人にしておきましょう。

「いろんなユーザーに無作為にいいねした」

フォロワーを増やすためにいいねをするのは最も効果があるひとつですが、むやみやたらにいいねをしていても制限がかけられてしまう場合があります。

あくまでツイートを見て感情が動いた際に使う機能なので、フォロワー獲得のためだけにする行為はツイッターからはよく思われません。

フォロワーを急激に増やすというのと、無作為にいいねをするのは十分に気をつけましょう。

とはいえいいねをしなければフォロワーが増えない場合もあるので、頻度を意識するといいでしょう。

「無意味なツイートばかりしている」

価値のないスパムな内容や、暴力的なツイートが、無意味なツイートと判断され、制限をうけてしまうことがあります。

あえて炎上するようなツイートをすることによってフォロワーを増やす人もいますが、1発でアカウントが消滅してしまう危険性があるので注意しましょう。

匿名性があり自由なコメントができるのが人気のポイントですが、いきすぎには要注意ということです。

ではどこまでがOKでどこからがNGなのかというところはツイッターの判断になります。

「操作ミスをしてしまった」

例えばツイッターには年齢制限があり、間違えて17歳未満に設定してしまった場合にはアカウントがストップしてしまいます。こういった操作ミスによってアカウントが停止してしまうことがあるので、基本情報を更新する際には正しい情報を記載するようにしましょう。

フォロワーを短期間で増加させる極意

こちら側から、フォロー。こちら側からいいね。これに尽きます。

Instagram(無料Web集客)

InstagramでのWeb集客はとくにこんな方におすすめ・・・

商品やサービスの品質が、お客様獲得に直結しやすい美容室やネイルサロンといった場合に、おすすめなSNSになります。

Instagramの特徴上、画像でつながるSNSなのでビジュアル(見た目)が変わるサービス、画像で他社・他店舗の差をつけることが出来る場合には運用するといいでしょう。

さらに、ユーザーには女性が多いため、女性相手の商売をされている方に、おすすめいたします。

メリット

・情報をつたえやすくイメージしてもらいやすい。

・余計な情報を載せなくても、反響が得られる場合がある。

・常に写真をとっている企業・店舗であればコストがかかりにくい。

「情報をつたえやすくイメージしてもらいやすい」

人間は文字だけで何かを伝えると難しく感じてしまいます。

また、文字の場合そのすべてを人間が記憶しておくというのは難しいそうです。

逆に画像の場合、認識しやすくイメージで内容をつかむことができるので記憶に残りやすく、ジャンルや内容によってはより具体的に伝えることができます。

例えばネイルサロンの場合、どれだけ「品質が高い」と訴えても実際に見てもらえなければ品質が高いのか低いのかわかりません。

品質がお客様獲得につながりやすいサービスをされている方には、インスタグラムが一番相性がいいかと思います。

「余計な情報を載せなくても、反響が得られる場合がある」

写真一枚でユーザー同士がつながることができるSNSの特性上、画像の説明がなくても画像という情報だけで多くのことを伝えられ、反響を得られる可能性があります。

インスタ映えという言葉が生まれた背景には、素敵な情報を誰よりも知っているという自己アピールができ、承認欲求を得やすい仕組みになっているからでしょう。

このメリットを最大限に利用するためには、シェアすることで、承認欲求を得られるような画像を意識して投稿するといいでしょう。

「常に写真をとっている企業・店舗であればコストがかかりにくい」

文章をかかずに画像をアップロードすればいいという特性上、普段から写真をとっている企業にとってみれば時間的にコストがかかりません。

普段、画像データが残らない仕事の場合、カメラマンを雇ったり、投稿のための画像を用意したりしないといけないため、逆にコストがかかる場合があります。

デメリット

・拡散性が低い

・常にいい画像を提供しなければいけない

・URLが貼れない

「拡散性が低い」

他のSNSに比べると拡散性が低いとされています。

その原因としてはいいねをしても相手のタイムラインに通知がいかないことや、URLをはることができないということがあります。

また、ユーザー同士の相互的なコミュニケーションをとることも難しい点も拡散性が欠ける原因となっています。

「常にいい画像を提供しなければいけない」

インスタグラムの更新がとまってしまう原因としては、画像のクオリティを高い水準で保たなければいけないという点にあります。

美容室にたとえると、ヘンテコなヘアスタイルを一枚乗せるだけで「もしかしたら自分も奇抜な髪型にされてしまうのではないか」という風に思われてしまう可能性があります。

企業・店舗イメージをつけるためにはある程度一貫性のある画像を載せるといいでしょう。

ファンを獲得する方法とコツ

・ハッシュタグを利用する

・良質な写真を投稿する

・写真に統一感をもたせる

・自動運用ツールを利用する。

「ハッシュタグを利用する」

ハッシュタグを利用することによってツイッターと同様に、ハッシュタグの後のキーワードでユーザーが検索した際にリーチしやすくなります。

「良質な写真を投稿する」

写真でつながるSNSという性質上、アカウントの価値=写真の質ということになります。

他のSNSの場合は良質な情報を提供するというのに対して、インスタグラムの場合はいかに良質な写真を投稿するかが、Web集客するためのコツになります。

「写真に統一感をもたせる」

企業や店舗のブランディングをするうえで非常に重要になってきます。

自動運用ツールを利用する。

他のSNSに比べると制限がかかりにくいという特徴があります。

Twitterにも自動運用ツールがありますが、Twitterの場合自動ツールによって制限がかかってしまうというリスクが伴います。

インスタグラムの場合、制限がかかりにくいので、自動運用ツールを使用するというのも手でしょう。

ショッピング機能を利用する

インスタグラムにはショッピング機能があり、特に洋服販売されている企業におすすめの機能になります。

インスタグラム上に自社商品を掲載し、商品購入を促す機能になります。

Line@(無料Web集客)

Line@でのWeb集客はとくにこんな方におすすめ・・・

リピーター客を増やしたい場合にとくにおすすめです。Lineの利用ユーザーは他のSNSに比較してとても高く、また通常のメールのようにメッセージが溜まっていかないためしつこく思われません。

Line@のメリット

・リピーター客をつくりやすい

・集客に特化した機能が充実している

・無料でほとんどが対応できる

「リピーター客をつくりやすい」

Line@の最大のメリットは、リピーター客に情報を提供することができるという点です。

一度来店してもらったお客様や、サービスを利用されたお客様にLine@で友達になってもらえればいつでも宣伝をうつことができます。

また、Lineを開く頻度も高いため、他のSNSよりも閲覧してもらえる率は高まります。

さらに、無料でクーポンを発行する機能・予約する機能まであるので、アクションをとってもらいやすいのがメリットになります。

「集客に特化した機能が充実している」

上記で述べたクーポン発行や、予約をすることができるという機能のほかに、URLを貼ることもできるため、例えばアーティストの場合「音源ページやCD購入ページ」に遷移させることが可能になります。

リピートに優れ、アクションをとってもらいやすいのが特徴です。

無料でほとんどが対応できる

「クーポン発行」「URL貼り付け」といった機能のほとんどが無料で行うことができます。

Web集客にとって必要なポイントが無料で利用することができるのもメリットのひとつでしょう。

Line@のデメリット

・新規でともだち追加をしてもらうのが難しい

・欲しい特典をゲットしたらブロックされてしまう

「新規でともだち追加をしてもらうのが難しい」

すぐに拡散されるツイッターなどと違って情報発信する前のハードルとして、

まずは友達を追加してもらう必要性があります。

リピート客をつくるという意味ではものすごく効果的ではあるのですが、そのハードルを越えるのが難しく、新規に認知させることは困難でしょう。

企業や店舗は、友達を申請してもらうために、無料のスタンプを用意して、スタンプをゲットするためには友達申請を条件に配布しています。

そのほか、友達申請をすればその場で\500OFFといったキャンペーンを行い、友達を増やす努力をしています。

友達登録をすることで、「お得になる」という事をアピールできるかどうかが、友達申請されるかの鍵を握っています。

「欲しい特典をゲットしたらブロックされてしまう」

友達追加のためのキャンペーンをうって友達を増やしても、ユーザーがそこで満足してしまったらブロックされてしまう可能性があります。

無料スタンプをゲットするためだけに友達追加をした場合では、ユーザーはそこで目的は達成し、満足してしまうので、一時的なキャンペーンだけでなくそれ以上の価値があるんだということを伝えなければいけません。

そのためには、キャンペーンでの特典以外に、お客様の得になる情報を伝えることが大事になります。

他のツールと比較してデメリットが少なく、非常に優れたツールなので導入して間違いはないでしょう。

ただ、情報をリーチさせるために、どう友達獲得をするかが鍵となってくるので、その対策を考える必要があります。

メルマガよりも気軽に読んでもらえるので、メルマガをすでに発信している場合はLine@と並行。もしくはメルマガ反応が良くなければ、切り替えてみてもいいのではないでしょうか。

YouTube(無料Web集客)

YouTubeを使った集客はこういった方にとくにおすすめ

商品購入や、サービスを利用してもらうためにはサービスの必要性を細かく紹介しなければ

ならない場合にとくにおすすめです。

メリット

・一度アップしてしまえばコンテンツが残る

・商品・サービスを細かく紹介することができる

・記憶にのこりやすい

「一度アップしてしまえばコンテンツが残る」

コンテンツにはユーザーの検索によってリーチするため一度アップしてしまえば、その動画を編集しなおしたりと手を加えることなく集客することができるということです。

また、動画を増やせば増やすほど、ファンを獲得することができるので、アカウントが育ってしまえば自動的に集客をすることができます。

コンテンツが残るといっても、注意しなければいけないのが、ペナルティを食らってしまった場合にはアカウントが凍結してしまう場合があるので、YouTubeの違反にあたる動画はアップロードしないほうがいいでしょう。

「商品・サービスを細かく紹介することができる」

いかに優れた商品やサービスを生んだとしても、文章や、画像だけでは情報が伝わりにくいですが、動画であれば商品やサービスを利用したことによって得られるメリットまで映像と音まで伝えることができます。

味覚は難しいですが、より感覚に訴えかける情報を提供することができます。

「記憶にのこりやすい」

動画という性質上、音と目に訴えかけるので、文章や画像に比べて圧倒的に記憶に残りやすいです。

記憶にのこるだけでなく、実際のアクションをしてもらうために、他のメディアにつなげるといった工夫が必要になるでしょう。

デメリット

・動画を作成するために非常に時間と手間がかかる

YouTube動画での集客が、いかに重要であるかがおわかりいただけたかと思いますが、YouTube動画での最大のデメリットは一個の動画を作成するために非常に時間と手間がかかるということです。

どういった動画を作成するかを考え、どの場所で、どんな風に伝えるか、さらには撮った動画を編集する必要があります。

非常に細かく情報を伝えることが出来る分手間が必要になるので、ハードルが一番高いのではないでしょうか。

ただ、映像関係の業種の場合は、動画作成もスムーズにできると思うので、映像にかかわる業種の場合、積極的に利用することをおすすめします。

Tik tok (無料Web集客)

Tik tokは特にこういった方におすすめ

ショート動画をもっている方、YouTube動画まで長時間の動画を作成する手間が惜しい方。

ターゲット年齢層が低い場合。

メリット

・動画を作成するための機能がそろっている。

・動画作成に手間がかからない

・他のSNSに比べて圧倒的に若いユーザーが多い

「動画を作成するための機能がそろっている」

誰でも簡単に動画が作成することができます。

音楽を乗せたりエフェクトをかけたり容易に可能です。

手軽に面白い動画を作成することができるという点が、若いユーザーをひきつけることができた要因でしょう。

「動画作成に手間がかからない」

YouTube動画の場合、比較的長い動画を作成投稿する必要があります。(もちろん短い動画もアップできますが)Tiktokはショート動画がメインのサービスになっているため、短い動画を作成するだけでアップロードすることができます。

手持ちのスマートフォンで撮るだけですぐ投稿することも可能です。

デメリット

・動画で1から10まで伝えることができない

・動画を流し見されてしまう

・おすすめに乗らなければ視聴回数が伸びない

「動画で1から10まで伝えることができない」

TikTokの性質上ショートムービー配信となるので、細かく商品を説明するのが難しい点が最大のデメリットになります。

では、動画を分割すればいいのではないかと思われたかと思いますが、TikTok上で動画を再生されるためには、まずオススメに動画が紹介されなければなりません。

このオススメはTikTokの運営の判断になるので、分割した二個目の動画がおすすめにアップされる保障もありませんし、再びアップされたとしても、時間差が生まれてしまいます。

ですので、商品説明で購入のゴールまで結びつけるのは難しいでしょう。

あくまで認知を広げるためのツールと思っていただければと思います。

「動画を流し見されてしまう」

まだまだTiktokを、Web集客に利用している企業が少なく、また宣伝を目的として動画を作成してもおすすめにのるのが難しいというのがあります。

メインは、若いユーザーが自分をより魅力的にアピールするか、誰よりも面白い動画をアップロードするかを競っているようなツールなので、面白い動画を作れるかがポイントになってくるでしょう。

「おすすめにのらなければ視聴回数が伸びない」

Tiktokも他のSNSと同様にハッシュタグという機能が存在します。

ですので、Tiktok上で検索した場合に自分の動画にリーチしてもらえる可能性はあるのですが、あまりTiktok上で検索機能を使うユーザーが多くないという現状です。

Tiktokを開いて最初に表示されるのがおすすめ動画となり、ほとんどのユーザーがおすすめ動画を見て離脱していしまいます。

以前は動画を保存する機能があり、拡散される可能性もあったのですが、動画保存の機能がなくなったため拡散される可能性も少なくなってしまいました。

※メール機能ボタンでかろうじて保存はできます。

まだまだWeb集客としてTikTokは未開拓なので、可能性は無限にひろがっています。

無料ブログでの集客

無料ブログを使って集客をする方法をお伝えします。

どなたでも登録をすませてしまえばブログを開設することができるので、非常にハードルの低いWeb集客方法となります。

無料のブログといっても、それぞれのブログサービスによってメリット、デメリットが存在します。

無料ブログでWeb集客するメリット

無料ブログの最大のメリットは、すぐに始められるので非常にお手軽という点になります。

また、ブロガー同士のコミュニケーションがとれるサービスあるので、有料ブログで集客をはじめるより最初は集客しやすいというメリットがあります。

無料ブログでWeb集客するデメリット

無料ブログで記事を増やしたとしてもドメインの評価が無料ブログの提供側にいってしまうということです。

アメブロを例えにして説明すると、https://ameblo.jp/あなたが設定したドメイン名/

上記URLで記事を書いたとします。

そうするとhttps://ameblo.jp/あなたが設定したドメイン名/でSEOパワーが溜まっていきますが、そのパワーがhttps://ameblo.jpにもいってしまいます。

有料ブログで自分がドメインを取得したホームページの場合、(独自ドメイン)記事を書いた分のパワーが自分の取得したドメインに溜まってくれるのです。

無料のブログサービス一覧

・はてなブログ

・アメブロ

・FC2ブログ

ブロガーさんが利用するメジャーなブログサービスは上記になります。

はてなブログとは?

「はてなブックマーク」や「はてなダイヤリー」などを運営している株式会社はてなが提供しているブログサービスのこと。

はてなブログはとくにこんな方におすすめ

ライター同士で記事を読み合う機能があるので、情報収集もしながらWeb集客を行いたい。

また、コミュニティ機能があるので、ブログを楽しんで更新したいという方におすすめです。

はてなブログでWeb集客をするメリット

・様々なデザインにすぐ変更することができる

・ボタンひとつで貼り付けが可能

・ブロガー同士のコミュニケーションが可能

「様々なデザインにすぐ変更することができる」

今やどのブログでも簡単にデザインを変更できるブログサービスがほとんどではありますが、はてなブログでもデザインを簡単に切り替えることができます。

「ボタンひとつで貼り付けが可能」

写真や商品、動画からTwitterの引用まで簡単に貼り付けすることができるので、今までブログをやったことがなく、はじめて利用される方でも安心して利用することができます。

「ブロガー同士のコミュニケーションが可能」

ブログを執筆したあと、反応を確認することができるので、記事を執筆するモチベーションが下がりにくいという点があります。

慣れてくれば一日一万文字のブログを書くことも可能ですが、はじめたばかりの場合モチベーションがあがらずに1000文字書くのも困難な場合が多いようです。

反応をみることができればブログも続きやすいでしょう。

具体的には、「読者登録機能」と「コミュニティ機能」がそれにあたります。

この二つははてなブログを利用する場合には必ず使用してください。

「読者登録機能」とは、この読者登録をされれば通知が届き、相互に読者登録することによって記事を読み合う仕組みとなっています。

「コミュニティ機能」とは、お金・旅行などたくさんのジャンルに分けられたコミュニティが存在し、参加することによって自身のブログを紹介したり情報を共有することができます。

コミュニティの中でもさらにブロガー同士がコミュニケーションを取れる仕組みになっています。

はてなブログは他の無料ブログサービスと比較して、立ち上げから早い段階でWeb集客をすることができるのでおすすめです。

はてなブログでWeb集客をするデメリット

・広告が表示されてしまう。

・ブログが消去されてしまう可能性がある

「広告が表示されてしまう」

無料ブログでありがちなのですが、記事と記事の間などに広告が自動的に表示されてしまうということです。

例えば、はてなブログで自店のサービスを紹介したあとにすぐ、他の会社の広告が表示されてしまえば別の企業の商品などに飛んでしまう可能性があります。

途中でブログを読み止めてしまうきっかけになるので、せっかくのチャンスが無駄になってしまうことも。

「ブログが消去されてしまう可能性がある」

あくまで無料のブログサービスを利用しているので、規約違反をしていなかったとしても運営側の都合で記事がすべてなくなってしまう可能性があります。

せっかくためてきた記事もなくなってしまっては努力が無駄の泡になってしまうということです。

無料ブログの中で、はてなブログはとてもオススメです。

ですが、無料で利用できる分制限があるのは仕方がないかもしれません。

はてなブログには有料版もありまして、有料版に切り替えてしまえば広告も表示されなくなり、また独自ドメインも取得することができるようになるので、ある程度記事が溜まってきて本格的に運用したいとなれば変更してもいいでしょう。

アメブロでWeb集客をする

アメブロとは?

アメブロとは(アメーバブログ)サイバーエージェントが提供するブログサービスのこと

アメブロでWeb集客をするメリット

・有名なブログサービスなのではじめやすい

「有名なブログサービスなのではじめやすい」

ほかのブログサービスに比べ有名人の方が多く利用していることもあり、

今までブログに触れたことのない人でも知っているブログサービスではないでしょうか?

すでに知っているサービスであればブログを始める障壁も高くないかと思います。

アメブロでWeb集客をするデメリット

・アメブロの商用利用の規制が厳しくなっている

※2018年12月より商用利用解禁

・記事を削除されてしまう可能性がある

FC2ブログでWeb集客をする

FC2ブログはとくにこんな方におすすめ

アンテナサイトをつくりたい方や、○○速報といったまとめサイトをつくりたい場合はFC2ブログをおすすめします。

また、他の無料ブログでアウトなアダルトジャンルで無料ブログを作成したい場合はFC2一択になります。

FC2ブログでWeb集客をするメリット

・無料ブログでは珍しいアダルトジャンルの記事を書ける

・表示される広告が小さい

・カスタマイズしやすい

「無料ブログでは珍しいアダルトジャンルの記事を書ける」

他の無料ブログの場合ではそもそもアダルトジャンルの記事が禁止されているところが多くアダルト系の記事と判断されてしまうと、アカウントが凍結してしまう恐れもあります。

自分ではアダルト系のジャンルで記事を書いていないと思っていなくとも、そう判断されてしまえば凍結などのペナルティが課されてしまいます。

「表示される広告が小さい」

他の無料ブログと比較して広告が表示される部分が小さく、邪魔にならないという点です。

他の無料ブログでありがちな大きな広告表示はWeb集客での機会損失にもなりかねません。

(有料化で、広告消すことも可能だが一ヶ月更新されなければ有料版であっても広告が表示されてしまう。)

「カスタマイズしやすい」

FC2を利用するユーザーのほとんどが言います。

CSSなどを利用して独自のデザインに変更することも可能なので、アンテナサイトや、○○速報といったまとめサイトのほとんどがFC2ブログによって作成されています。

FC2ブログでWeb集客をするデメリット

・有料化で独自ドメインにする際他社で取得した独自ドメインが利用できない

・ブログをひとつしか作ることができない

「有料化で独自ドメインにする際他社で取得した独自ドメインが利用できない」

無料ブログで記事が増えてきていざ独自ドメインでスタートしようとした時に他社で取得したドメインを利用することができないのです。

SEO対策のひとつに中古のドメインを利用するといった場合があるのですが、FC2からの独自ドメインでないと駄目なので利用することができません。

もしお名前ドットコムなど、ひとつのドメインサービスでドメイン管理したいという場合でも難しいでしょう。(※FC2ブログからWordPressに移行した後であればどこの会社のドメインでも利用可能です。)

「ブログをひとつしか作ることができない」

ひとつのアカウントからひとつのブログしか作成することができないということです。

例えば店舗のスタッフ分のブログを作成したい場合にはアカウントを複数もたなければなりませんし、サービス毎に ブログを立ち上げたい場合でもアカウントを複数作成したうえでブログをつくらなければいけません。

ブロマガという機能が備わっている。

FC2にはブロマガ(ブログマガジン)という機能が備わっており、自分で書いた記事を有料化し、定期購読にできるサービスがあります。

有料ブログで集客をする

次に有料ブログを使ってWeb集客する方法を紹介します。

自分でドメインを取得したり、サーバーを準備しなければいけない場合が多く無料ブログと比較すると開設までに手間がかかりますが、記事をかけば書くほど取得した独自ドメインにパワーがいくのでSEO的にもおすすめします。

無料ではじめるより難易度があがりますが、真剣に集客を考えるのであれば、間違いなく有料ドメインをおすすめいたします。

有料ブログサービス一覧

・WordPress

・はてなブログ(有料版)

WordPressとは?

ブログ運営を楽にする無料のソフトウェア、誰でもコンテンツを管理できるCMS(コンテンツマネジメントシステム)を指します。

WordPressはこんな方におすすめ

ほかのブログサービスよりも本格的に運用したいという場合や、拡張性が高いため自分で色々機能を足していきたいという方におすすめ。

WordPressでWeb集客をするメリット

・SEOに強い

・拡張性が高い

・デザインテンプレートも豊富

「SEOに強い」

というのは、Googleのスパム対策チームリーダーの検索エンジン最適化に携わっていたマット・カッツ氏もWordPressはSEOに強いと言い、自身のブログをGenesisというテンプレートを用いて運営していました。

CMSでいえることではありますが、コンテンツがSEOで重要になってきた現在簡単に記事を増やすことができるというのが強みであり、Web集客では非常に重要な要素でしょう。

マット・カッツ氏が使用していたテンプレート・・・Genesis

マット・カッツ氏が使用していたプラグイン・・・WP Super Cache&Jetpack&Cookies For Comments

マット・カッツ氏のコメント

ワードプレスを選ぶことは、非常に良い選択です。

なぜなら、ワードプレスは、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれて、SEO(サーチエンジン最適化)の手法の80%~90%に対応するように作られているからです。

「拡張性が高い」

WordPressにはプラグインという機能が存在し様々な機能を追加したりサイトスピードを改善したりすることを容易に行うことができます。

例えば、サイトマップを作りたいと思った時には従来の場合、htmlとCSSを更新して、新しく記事を作成する度にサイトマップも修正しなければいけなかったものが、記事を追加すればその分自動的にサイトマップを更新してくれるといった機能がプラグインひとつで可能になります。

また、サイトのスピード改善をするための画像の圧縮も、プラグインをいれてしまえばボタンひとつで行ってくれるのです。

こういったプラグインは無料で次々と生み出されているのでこれからもWordPressは発展していくことでしょう。

「デザインテンプレートが豊富」

無料や有料のテンプレート海外のテンプレートも含めるとかなりのテンプレートが存在し、自社・自店に合ったデザインが確実にみつかるというものです。

テンプレートを有効化させるだけである程度のホームページができあがるため、そしてデザインもある変更が可能なのがワードプレスのいいところ。

WordPressでWeb集客をするデメリット

・セキュリティが弱い

「セキュリティが弱い」

WordPressは世界中で最も利用されているCMSのため、ハッキングを試みる者が多く、PHPで作られた動的なサイトとなるため不正な攻撃をうけやすいというものです。

せっかく作成したホームページも不正な操作をされてしまえば無駄になってしまう可能性があるので心配ですよね。

そうならないためにもウィンドウズと同様に常に最新のバージョンにアップデートすることをおすすめします。

はてなブログ(有料版)でWeb集客をするメリット

・はてなブログの便利な機能そのままに広告を完全に非表示にできる

「はてなブログの便利な機能そのままに広告を完全に非表示にできる」

はてなブログのコミュニティ機能や、読者機能がそのままに一番の難点であった広告を完全に消し去ることができるという点です。

広告によってWeb集客の機会を損失していた可能性を0にしてくれるので、もし無料のはてなブログから開始をしてサイトに集客できるようになったら、有料版に変える選択肢は間違いないでしょう。

結局どのブログサービスがWeb集客に一番いいの?

費用をかけたくない場合や、記事の更新数などによって選択するブログサービスは変わってきますが、一番はWordPressでのWeb集客をおすすめします。

他のブログサービスと比較するとやや導入など初心者にとっては難しいかもしれませんが、慣れてしまえば様々な拡張機能があり間違いなくおすすめです。

予約システムなどもプラグインをいれることによって追加できたりするので、あとになって「あんな機能がほしいな」、「こんな機能があれば便利なのになあ」と思う機能を間違いなく追加することができます。

もちろん知識があれば細かくデザインも変更することも可能なので、後々のことを考えてWeb集客には、できればWordPressを使用することをおすすめしたいです。

インフルエンサーを利用してWeb集客をする方法

インフルエンサーとは?

世間に与える影響力の多い人のことをいいます。

インフルエンサーを利用してWeb集客をするメリット

・インフルエンサーのファンの方からの反響が大きい

「インフルエンサーのファンの方からの反響が大きい」

自分の信頼する人物からの紹介・口コミは商品購買率が高く、また効果的にユーザーにサービスや商品を認知してもらえます。

インフルエンサーを利用してWeb集客をするデメリット

・インフルエンサーと知り合うのが難しい

そもそもインフルエンサーマーケティングといわれるものは最近になって認知されるようになったためどうやってインフルエンサーとつながりを持てばいいのかということが障壁になるのではないでしょうか?なかなか繋がりをもてない場合もあり、現在ではインフルエンサーを紹介する企業も存在しています。

最後に

WEB集客、WEBマーケティングの手法は日々進化しています。

新しい情報を常にキャッチしてどんどん集客に取り入れていきましょう。

WEB集客のご相談はこちらまで

アガルトマーケティング | SEOを主軸にしたWebマーケティングサービス

 

アフィリエイトをわたしもはじめてみる!

150以上のアフィリエイト制作に携わり、100社以上のSEO施策を行ったSEO検定1級を保持しているプロがあなたのアフィリエイトサイトを制作代行いたします。

キーワード調査を行い、コンテンツ制作をするのは当たりまえ、スピード対策やSEOに効果のある面倒なALT属性設定、URLのSEO最適化など、細かい設定も行います。

それだけではありません!面倒なドメイン取得や、サーバー取得の代行も行わせていただきます。

副業が可能になってきている時代、本業以外の収入源をあなたもつくりませんか?

本を出版しました!初心者でも出来るSEO対策10選
なかなか難しいと思われがちなSEO対策ですが、本書ではSEO初心者の方であっても理解しやすい内容となっております。社長様、店長様、アフィリエイター様、SEOに携わるマーケター様、どんな方であっても新しい価値を与えられる一冊となれば幸いです。 Amazon売れ筋ランキング 2019年2月 オンラインマーケティング部門 2位獲得! マーケティング部門 9位獲得! 対策キーワード「SEO対策」 1位獲得!
Blog集客・販売促進マーケティング全般
シェアする
アガルト
トップへ戻る