【経営者向け】SEOのご相談無料受付中
詳細はコチラ

SEOに最適なURLとは?長さ・キーワードを解説!

SEOに最適なURLとは? Blog

サイトURLはSEOに関係するのでしょうか?もしURLがSEOと関係している場合どういったURLにすることが望ましいのかを今回ご説明いたします。

URLはSEOに関係する

結論から申しますとサイトURLはSEOに関係します。検索エンジンに有効となる基本的な方法が書かれている検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドにも記載されています。SEO的効果はそこまで大きくないとは思いますが、現在のSEOに近道はありませんので小さなことも改善していくことをおすすめします。

トップレベルドメインはSEOに関係しない

.jpや.comといったトップレベルドメイン部分はSEO(順位決定)には関係しません。ですが、トップレベルドメインによって信頼性がかわってきますから、普段みることのないトップレベルドメインは避けたほうが無難です。全く広まっていないトップドメインで尚且つ暗号のようなURLになってしまっていた場合はリンクが貼られていても怪しがられてしまいクリックをされない可能性があります。

SEO最適化の為にURL内にキーワードを入れる

サイトのURL内にはコンテンツに関連した最も最適なキーワード(単語)を入れてください。例えば、SEOについて書かれているコンテンツ(記事)の場合、URL内にもseoという単語を入れるという事になります。

サイトの内容と関連したキーワードが入っていれば、そのサイトURLが貼られたリンクを見て内容を判断できるためクリックもされやすくなりユーザーにとっても親切になります。

キーワードは英語に変換しましょう。※小文字で。

URL最適化の為わかりやすいURLにする

URLに含まれる単語(キーワード)はわかりやすいものにしましょう。コンテンツのカテゴリやファイル名、URLに説明的な名前を利用することで、検索エンジンがクロールしやすくなることにもつながります。

数字のみのURLにしない

意味のわからない数字のみでつくられたURLや極端に長いユーザーにとって理解できないURLは不適切であるといえるでしょう。検索エンジンにもユーザーにもわかりやすいURLというのはページの情報をより多く伝えることができます。

不要なパラメータや長すぎるURLはNG

不要なパラメータは削除するようにしましょう。また長すぎるURL、page1のような一般的なファイル名もNGです。

特に複数のパラメータを含んでいるURLや複雑なURLはサイト上の同じコンテンツを表す多数のURLを作成するため、クロールに問題を起こすことがあります。

SEO対策の為、URL内にキーワードを入れすぎない

SEOのURLについて書かれている記事の場合、seo-url-seo-urlのようにキーワードを入れすぎるのもNGとなります。

関連のないキーワードは含めない

サイト内に含まれているコンテンツと関連のないキーワード、ディレクトリ名を使用するのはやめましょう。

URLの区切り方は-(ハイフン)を使う

URLでユーザーに内容を伝える為にも、検索エンジンに正しく内容を伝えるためにもURL内に含まれるキーワードを区切る際は-を使用しましょう。https://agaruto/seourl/というURLよりもhttps://agaruto/seo-url/というように単語が分かれる場合は-を使用することをおすすめします。

▼動画で解説

▼動画で解説(URLとSEOの関係性)

URLはできる限り短くする

これは上記で述べてきたことと同じですが、ユーザーにとっても親切となるためURLは長くせず短くしましょう。

日本語URLは使用しない

URLに日本語を含めてしまうと、そのサイトを紹介する際のコピペして貼り付けると日本語が変換されとても長いURLになり、サイトをクリックする人にどんなサイトなのか判断もできなくなり結果的にわかりにくくなってしまうので使用しないようにしましょう。

URLはひとつにする(canonical・301リダイレクト)

1ページにつきサイトURLを1つにしましょう。サイトのURLというのは何も設定しないと1ページにつき複数生成されてしまいます。(1ページにつき複数のURLが存在してしまうと、そのコンテンツのGoogleからの評価が分散してしまう可能性があります。) 何も設定しない状態だと下記のようなパターンが生成されます。

①http://www.〇〇.com/

②http://〇〇.com/

③https://〇〇.com/

④https://www.〇〇.com/

※③④はSSL化していた場合。

この4つのURLの内1つのURLに統一させます。(正規化)URLは常にhttps(ssl)にする常時SSL化する必要があり、そうする為に301リダイレクトを行います。301リダイレクトはhtaccess内にリダイレクトのコードを記載します。リダイレクトが使用できない場合はcanonicalを利用してこのURLが元のURLです。というようにGoogleに伝えることができます。

GoogleがだしているSEOとURLに関連する情報

下記がGoogleが正式にだしているURLに関連する情報になりますので、ご参考ください。

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド - Search Console ヘルプ
このガイドの対象読者 このガイドは、オンライン コンテンツを所有するか管理していて、Google 検索を通じて収益化や宣伝を行いたい方を対象とし

旧検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドPDFバージョン

https://static.googleusercontent.com/media/www.google.co.jp/ja/jp/intl/ja/webmasters/docs/search-engine-optimization-starter-guide-ja.pdf

サーチコンソールヘルプ(シンプルな URL 構造を維持する)

シンプルな URL 構造を維持する - Search Console ヘルプ
サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を

wordpressで正しいURL構造を作成する方法

URLの階層をGoogleが良いとしている形にwordpressで実現する方法を別記事で紹介していますので是非ご参考にご覧ください。簡単に概要を説明すると、wordpressで記事を作成した際にカテゴリベースといわれる、URLに自動的にcategoryが入ってしまう仕様を変更・消去し、ディレクトリ階層に合わせたURLに設定する方法となります。

https://agaruto.com/seo/url.html

まとめ-SEOに最適なURLとは?長さ・キーワードを解説!

以上がSEOに最適なURLの設定方法となります。より詳しいSEOについての情報を手にいれるためにも、いつでも無料相談ができるアガルトLine@を追加しましょう。

Web集客ライン追加ボタン

Web集客のアガルトチャットワーク

アフィリエイトをわたしもはじめてみる!

150以上のアフィリエイト制作に携わり、100社以上のSEO施策を行ったSEO検定1級を保持しているプロがあなたのアフィリエイトサイトを制作代行いたします。

キーワード調査を行い、コンテンツ制作をするのは当たりまえ、スピード対策やSEOに効果のある面倒なALT属性設定、URLのSEO最適化など、細かい設定も行います。

それだけではありません!面倒なドメイン取得や、サーバー取得の代行も行わせていただきます。

副業が可能になってきている時代、本業以外の収入源をあなたもつくりませんか?

本を出版しました!初心者でも出来るSEO対策10選
なかなか難しいと思われがちなSEO対策ですが、本書ではSEO初心者の方であっても理解しやすい内容となっております。社長様、店長様、アフィリエイター様、SEOに携わるマーケター様、どんな方であっても新しい価値を与えられる一冊となれば幸いです。 Amazon売れ筋ランキング 2019年2月 オンラインマーケティング部門 2位獲得! マーケティング部門 9位獲得! 対策キーワード「SEO対策」 1位獲得!
BlogSEO
シェアする
アガルト
トップへ戻る