【経営者向け】SEOのご相談無料受付中
詳細はコチラ

常時SSL化とは?SEOでも必須項目

常時SSL化 Blog

常時SSL化について

今回は常時SSL化についてお話するのですが、常時SSL化という言葉を聞いた事はあるでしょうか?Web担当者の中にも常時SSL化についてあまり詳しく知っている方もいらっしゃるようなので、今回はわかりやすくご紹介します。

常時SSL化とは?

Webサイト全体をHTTPS化(通信の暗号化)することを指します。SSL化をすることによってサイトのセキュリティを高める事ができるので、ユーザーが安心してサイトを利用することができます。常時SSL化がなされているサイトはURLに鍵マークがつくようになっています。SSL化されていないサイトのURLは「http」となっており、SSL化がなされているサイトは「https」の表示になっています。

常時SSL化は検索ランキングにも影響

常時SSL化はGoogleの検索エンジンランキングにも影響します。SSL化されているページは上位表示に働くようになっています。

常時SSL化をしていない場合は警告があらわれる

常時SSL化を実施していない場合、URLが赤く表示され「保護されていない通信」と表示されてしまいます。

常時SSL化をしないとどうなるのか?

常時SSL化をしない場合SEOでプラスの効果が得られないですし、通信が暗号化されていないので、個人情報の流出やデータの改ざんが行われてしまうなどのリスクがあります。

その他、怪しいダイレクトメールが増えてしまったり、架空請求をされてしまうというだけでなく、詐欺サイトの運営者として使われてしまい、大きな信用を落とすことにも繋がってしまいます。

独自SSL対応と共有SSL対応について

共有SSLとは、レンタルサーバー会社が取得代行したもので、SSLユーザー証明書を複数のユーザーで共有するものになります。独自ドメインではなくレンタルサーバー会社提供のURLになってしまいます。また、信頼性に欠けてしまいます。

独自SSLとは、独自のドメインに行うSSL対応になります。認証された「SSLサーバー証明書」をインストールして利用します。

このSSLサーバー証明書は、使用しているサーバーにて取り扱いがあるブランドのSSLを使用することが一般的で、SSLのブランドや難易度により料金も変わってきます。

ひとつのIPアドレスにひとつのSSLサーバー証明書が一般的ですが、格安のSSLサーバー証明書は他のユーザーも同じIPアドレスを利用することになる場合があります。

また、レンタルサーバーによっては無料で独自SSL化ができるサーバーもあります。

SSLサーバー認証書には3つの認証方法がある

・ドメイン認証

・企業認証

・EV認証

ドメイン認証はwhois情報にメール送信することによってドメインの所有権を認証します。

企業認証は電話や企業情報データベースを活用し認証します。

EV認証は企業の担当者レベルまで調べて認証します。

申し込み時のCSR作成~注意点~

CSRの作成をする際の注意点としては、コモンネーム選択時にwwwのあり無しに気を付けることです。wwwありで設定した場合wwwなしが使えなかったり、逆にwwwなしで設定した場合にwwwありが使えないことがあるので注意しましょう。

常時SSL化の手順

①サーバーを確認

②SSLサーバー証明書を確認

③htmlのリンクやパスを変更

④サーバーにアップして確認

⑤エラーがでていないか確認

⑥リダイレクト設定をおこなう

①は、SSLサーバー証明書に対応しているサーバーか確認しましょう。

②は、サーバーによって取得、設定できるSSLサーバー証明書が異なるので証明書は適切であるか確認しましょう。

③は、htmlに変更を加えましょう。

④は、変更を加えたhtmlをアップロードしましょう。

⑤は、変更を加えたhtmlでエラーがでていないかを確認しましょう。すべてがしっかりhttpsとなっていないとエラーになってしまいます。

⑥は、301リダイレクトを行い、httpに訪問したユーザーがhttpsにリダイレクトされるようにしましょう。もし、URLの正規化が行われていない場合はwwwのありなしなども統一させるようにしましょう。

サーバーによってはssl化が非常に簡単

サーバーによっては簡単にSSL化をすることができるものもあります。Xサーバーは管理画面上から数回クリックするだけで、SSL化ができてしまいます。

常時SSL化でhtmlの変更を加える箇所

  • <a>タグのhref属性 = リンク先を変更
  • <link>タグのhref属性 = スタイルシートやファビコンの変更
  • <img>タグのsrc属性 = 画像参照先の変更
  • <script>タグのsrc属性 = Javascriptの外部ファイルの参照先を変更
  • CSSの”background-image”のurl = 画像の参照先などの変更

上記がhtmlで変更を加える箇所になります。

まとめ-常時SSL化

いかがでしたでしょうか?今回は常時SSL化についてご紹介しましたが、今のSEOではSSLが必須ですので、まだSSL化されていない場合は設定するようにしましょう。

 

アフィリエイトをわたしもはじめてみる!

150以上のアフィリエイト制作に携わり、100社以上のSEO施策を行ったSEO検定1級を保持しているプロがあなたのアフィリエイトサイトを制作代行いたします。

キーワード調査を行い、コンテンツ制作をするのは当たりまえ、スピード対策やSEOに効果のある面倒なALT属性設定、URLのSEO最適化など、細かい設定も行います。

それだけではありません!面倒なドメイン取得や、サーバー取得の代行も行わせていただきます。

副業が可能になってきている時代、本業以外の収入源をあなたもつくりませんか?

本を出版しました!初心者でも出来るSEO対策10選
なかなか難しいと思われがちなSEO対策ですが、本書ではSEO初心者の方であっても理解しやすい内容となっております。社長様、店長様、アフィリエイター様、SEOに携わるマーケター様、どんな方であっても新しい価値を与えられる一冊となれば幸いです。 Amazon売れ筋ランキング 2019年2月 オンラインマーケティング部門 2位獲得! マーケティング部門 9位獲得! 対策キーワード「SEO対策」 1位獲得!
BlogSEO
シェアする
アガルト
トップへ戻る