【経営者向け】SEOのご相談無料受付中
詳細はコチラ

【SEO対策】すぐ出来るサイトスピード改善方法

【SEO対策】すぐ出来るサイトスピード改善方法 Blog

Googleの順位ランキング決定の為にサイトのスピードを重要視するアップデートがおこなわれました。今回はSEO対策のためのサイト表示スピード改善についてまとめましたのでご覧ください。

サイトの表示スピードはSEOにおいて影響する

サイトの表示スピードは以前にも増して重要となってきました。Googleのサイトスピードアップデートもあり、あらゆるサイトでサイトスピード改善の動きがみられます。

SEOにとってサイトスピードが重要なわけではありません。サイトの表示スピードが遅いとその分離脱されてしまいます。

サイトを軽くする事でサイト表示スピードを上げる

サイトは軽くすることによってサイトスピードが上昇します。画像を軽くする、CSSを最適化する。サーバーを変更するなど様々な方法でサイトを軽くすることができます。

完全に表示されるまでに3秒かかると53%のユーザーは離脱する

Googleの調査によるとサイトが完全に表示されるまでに3秒かかると53%のユーザーは離脱してしまうそうです。ですので、SEOの為だけでなくせっかくリンクをクリックして訪れたユーザーを離脱させない為にもサイトのスピードは重要ということになります。

SEO対策スピード改善方法

サイトスピードを改善する方法その1:画像を圧縮

サイトスピードを改善する方法その2:Gzipでコードを圧縮(.htaccessを利用)

サイトスピードを改善する方法その3:mod_pagespeed設定

【画像圧縮】SEO対策:画像の圧縮化でスピード改善

画像の最適化の方法には「画像をロスレス圧縮する方法」と「そもそも大きすぎる画像は使わない」というやり方があります。

※画質の低下をあまり損なわずに画像の重さを圧縮する方法のことをロスが少ないロスレス圧縮といいます。

画像のロスレス圧縮方法は2つ

・ツールでロスレス圧縮してからアップロード

・プラグインで圧縮してからアップロード

オンライン上でロスレス圧縮ができるツール

オンラインイメージ最適化ツール
OptimizillaはJPEGやPNGフォーマットのイメージを最小サイズに圧縮する、高性能のイメージ最適化ツールです。

プラグインでロスレス圧縮できるwordpressプラグイン

EWWW Image Optimizer

【Gzip圧縮】SEO対策:Gzip圧縮コードでスピード改善

Gzip圧縮方法その1:htaccessでコードを記述

Gzip圧縮方法その2:wordpressプラグインでGzip圧縮

htaccessのGzipコード

<IfModule mod_deflate.c>

SetOutputFilter DEFLATE

# Mozilla4系などの古いブラウザで無効、MSIEは除外

BrowserMatch ^Mozilla/4\.0[678] no-gzip

BrowserMatch ^Mozilla/4 gzip-only-text/html

BrowserMatch \bMSI[E] !no-gzip !gzip-only-text/html

# gifやjpgなど圧縮済みコンテンツは再圧縮しない

SetEnvIfNoCase Request_URI \.(?:gif|jpe?g|png|ico)$ no-gzip dont-vary

SetEnvIfNoCase Request_URI _\.utxt$ no-gzip

# htmlやcssなどは圧縮

AddOutputFilterByType DEFLATE text/plain

AddOutputFilterByType DEFLATE text/html

AddOutputFilterByType DEFLATE text/xml

AddOutputFilterByType DEFLATE text/css

AddOutputFilterByType DEFLATE application/xhtml+xml

AddOutputFilterByType DEFLATE application/xml

AddOutputFilterByType DEFLATE application/rss+xml

AddOutputFilterByType DEFLATE application/atom_xml

AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-javascript

AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-httpd-php

</IfModule>

プラグインでGzip圧縮

プラグイン名:WP Fastest Cache

使い方は下記を参考に

WordPressのプラグインひとつで表示スピードが爆速化した「WP Fastest Cache」の使い方
どーもセブでエンジニアリングをしている僕です。 今日はWP Fastest Cacheというプラグインひとつ入れたらサイトスピードが爆速化した話です 設定画面も

【mod_pagespeed】SEO対策:mod_pagespeed設定でスピード改善

サーバーをX serverを利用されている方は簡単にスピード改善をすることができます。

3分でスピード改善するので是非行ってみてください。

X serverでのスピード改善方法

X serverの管理画面でmod_pagespeedをON。

Google公式情報

▼サイトスピードが遅いとどれだけの影響をユーザーに及ぼすか

Find Out How You Stack Up to New Industry Benchmarks for Mobile Page Speed
It's critical that marketers design fast mobile web experiences. New research shows how various sectors are performing when it comes to mobile page speed.

アガルトのサイトスピード対策はどうなってる?

アガルトのサイトスピードはどれぐらいなのでしょうか?Googleが出しているツールに「PageSpeed Insights」というものがあり、URLを記載してクリックするだけで簡単にモバイル版とPC版のスピードを点数づけしてくれます。

PageSpeed Insights

サイトスピードの合格ラインは80点ほどとされています。

モバイル版のサイト表示スピード

PageSpeed Insights sp

アガルトのサイトスピードはモバイル版で92点でした!

素晴らしい!サイトスピード対策はばっちりです。

赤枠で囲ってある下部ですが、こちらをクリックすることでスピード改善で足りない点を教えてくれます。

ではPCのサイト表示スピードはどうでしょうか?

PCでのサイト表示スピード

PageSpeed Insights pc

アガルトのパソコンバージョンのサイトスピードは93点とこちらも高得点です。

アガルトはサイトスピードが速いで覚えていただければと思います。

追記-PC版のページスピードの点数が100点を獲得しました

PageSpeed Insights

スピード改善をアガルトはさらに行い、新しくなったGoogleページスピードインサイトで文句なしの100点を獲得しました。

モバイル版のページスピードも92点と高得点です。モバイルファーストインデックス(Googleがモバイルを評価軸にする)となっていますので、モバイル版もページを速める必要があります。

PageSpeed Insights2

まとめ-【SEO対策】すぐ出来るスピード改善方法

以上がすぐできるスピード改善方法になります。上記のスピード改善は初歩までとなりますので、より詳しいスピード改善を知りたいという方は是非Line@を追加して会員専用ページのパスワードをGETしてご覧ください。

web集客会員ログインページ

アフィリエイトをわたしもはじめてみる!

150以上のアフィリエイト制作に携わり、100社以上のSEO施策を行ったSEO検定1級を保持しているプロがあなたのアフィリエイトサイトを制作代行いたします。

キーワード調査を行い、コンテンツ制作をするのは当たりまえ、スピード対策やSEOに効果のある面倒なALT属性設定、URLのSEO最適化など、細かい設定も行います。

それだけではありません!面倒なドメイン取得や、サーバー取得の代行も行わせていただきます。

副業が可能になってきている時代、本業以外の収入源をあなたもつくりませんか?

本を出版しました!初心者でも出来るSEO対策10選
なかなか難しいと思われがちなSEO対策ですが、本書ではSEO初心者の方であっても理解しやすい内容となっております。社長様、店長様、アフィリエイター様、SEOに携わるマーケター様、どんな方であっても新しい価値を与えられる一冊となれば幸いです。 Amazon売れ筋ランキング 2019年2月 オンラインマーケティング部門 2位獲得! マーケティング部門 9位獲得! 対策キーワード「SEO対策」 1位獲得!
BlogSEO
シェアする
アガルト
トップへ戻る