【経営者向け】SEOのご相談無料受付中
詳細はコチラ

被リンクとは?被リンクは順位があがります

被リンク Blog

【SEO用語】被リンクとは?

今回はSEOで重要な被リンクについてお話します。SEOの記事を読んでいると被リンクという用語が多々でてくるかと思います。被リンクとは何か?という初歩から被リンクの重要性までご紹介します。

被リンクとは?

被リンクとは、外部サイトから自社サイトに向けて設置されたリンクの事を指します。被リンクはインバウンドリンクとも言います。

被リンクの獲得はSEOで重要

Googleが順位決定する際に最重要視している要素のひとつが被リンクになります。被リンクをいかに獲得するかが上位表示のカギになります。

被リンクで大切なのは量と質

検索エンジンで上位表示(SEO)させる為には被リンクと量と質が大切になります。被リンクの量が多くとも質の悪いリンクであれば上位表示に働きませんし、逆効果になってしまう可能性もあります。質が高い被リンクを獲得しても被リンクの数が1つしかなければそこまで効果が得られないでしょう。一番は質が高い被リンクをたくさん獲得することです。

初期の検索エンジンでは量が大事にされていた

初期のGoogle検索エンジンでは被リンクの量が大事にされていましたので、検索順位を上げるためにウェブマスター達がやみくもに被リンクを増やす時代がありました。

現在は、順位操作の為に被リンクを獲得することがNGになっています。その背景には、無料リンク集に登録したり、相互リンクを貼り合ったりすることで、粗悪なサイトであっても被リンクの量によって上位表示されてしまっていた為です。

被リンク獲得の為にしてはいけないこと

無料リンク集への登録

有料リンクの購入

ブックマークリンクの形成

相互リンク

Googleのガイドライン違反(リンクプログラム)となっている形で被リンクを獲得することはやめましょう。自然な形以外で貼られたリンクは基本的にNGと思っていただければと思います。

SEO業者からの被リンク獲得には注意

サテライトサイトの購入を一度に大量にしてしまった場合、被リンクの増加率が急激であるとGoogleは察知することができるので、怪しまれてしまいます。

また、リンク先がトップページに集中することや、ドメイン年齢が浅すぎるということ、サイトのデザインが似てしまっている場合はさらに被リンクが原因で順位低下となってしまう恐れがあります。

SEOを意識しすぎたアンカーテキストにも注意

検索エンジンでの検索キーワードを意識したアンカーテキストにも注意が必要です。

昔のサテライトサイトでも散見された形なのですが、「被リンク SEO」という形でキーワードとキーワードの間にスペースをあけたアンカーテキストは不自然とみなされます。

nofollowで貼られた被リンクは量としてのSEO効果はない

nofollowタグが付与された形で貼られた被リンクは量としてのSEO効果はありません。しかし、nofollowが付与されたリンクによって訪れたユーザーが、他の場所でページを紹介したり、滞在時間が伸びることによって間接的に得られるSEOの効果はあるでしょう。

質の高いサイトからの被リンクはSEO効果大

質の高いサイトからの被リンクはSEO効果が大となっています。質の高いサイトというのは、インデックス数が多く、記事の質が高い信頼性のあるサイトになります。

.govの政府機関のサイトや教育機関のサイトは信頼性が高いサイトといえます。

まとめ-被リンク

いかがでしたでしょうか?今回はSEOで大切な被リンクについてご説明しました。被リンクは自然な形で獲得することで最大の効果を得ることができるのでサテライトの購入などで被リンクを増やさないようにしましょう。

アフィリエイトをわたしもはじめてみる!

150以上のアフィリエイト制作に携わり、100社以上のSEO施策を行ったSEO検定1級を保持しているプロがあなたのアフィリエイトサイトを制作代行いたします。

キーワード調査を行い、コンテンツ制作をするのは当たりまえ、スピード対策やSEOに効果のある面倒なALT属性設定、URLのSEO最適化など、細かい設定も行います。

それだけではありません!面倒なドメイン取得や、サーバー取得の代行も行わせていただきます。

副業が可能になってきている時代、本業以外の収入源をあなたもつくりませんか?

本を出版しました!初心者でも出来るSEO対策10選
なかなか難しいと思われがちなSEO対策ですが、本書ではSEO初心者の方であっても理解しやすい内容となっております。社長様、店長様、アフィリエイター様、SEOに携わるマーケター様、どんな方であっても新しい価値を与えられる一冊となれば幸いです。 Amazon売れ筋ランキング 2019年2月 オンラインマーケティング部門 2位獲得! マーケティング部門 9位獲得! 対策キーワード「SEO対策」 1位獲得!
BlogSEO
シェアする
アガルト
トップへ戻る