【経営者向け】SEOのご相談無料受付中
詳細はコチラ

EFOとは?EFOでCV爆上げします

EFOについて

皆さんEFOという用語をご存知でしょうか?Web集客方法を勉強されている方の中にはEFOという用語を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

今回はEFOとは何かということをおはなしします。

EFOとは?

EFOとは、Entry Form Optimizationの略でエントリーフォームを最適化させ、ユーザーに使いやすく、わかりやすいデザイン等に改善し、エントリーフォーム内の離脱率を下げる施策の事をさします。

EFO対策をすることによって、入力中の離脱率を下げることができる為、成約率をアップさせることができます。

EFO対策の基本

資料請求や販売促進のためにエントリーフォームは使われますが、最適化のさせ方はゴール(目的)に違いがあっても同じ方法になります。

例えば建築系のホームページでカタログをプレゼントすることがゴールで合った場合でも、

学習塾のプランを紹介するための資料請求が目的であったとしてもユーザーが入力する行動を面倒だと思わせない作りをすることが必要になります。

CVが生まれなければ意味がない~EFOでCVをアップさせよう~

あらゆるチャネルでウェブ集客を行い、サイトへの訪問者が増えたとしてもコンバージョンが生まなければ意味がありません。

具体的なEFO対策方法について

・フォームを短く、少なくする
・戻るボタンで戻ったとしても、入力を残しておく
・必須項目を多くしすぎない、必須項目であることをすぐわかるようにする
・全角の指定、半角に指定がある場合はわかりやすく
・ステップを多くしすぎない
・フォームのステップを多くしすぎない(複数のページにわけすぎない)

上記の具体的な対策方法には共通点がありどれも、ユーザーに使いやすくわかりやすくする為に行います。

ポイントはユーザに面倒くさくさせないこと、すなわちユーザが記入すべき項目を少なくすると言う事になります。

さらに具体的なEFO対策方法について

・エントリーフォームに記入しやすいように枠と枠を狭くしすぎたりしない

・面倒だと思われるような項目は自動で入力できるようにする

例えば郵便番号を入力することによって住所の大まかな住所が自動で入力されるといったことや、わざわざカタカナ表記の名前の記入欄を設置しないなどが挙げられます。

WordPressであれば、初心者であってもある程度は最適化できる

ホームページの作成を外部に注文していた場合こういったエントリーフォームの変更ができないといった方がいるかもしれません。

しかしワードプレスを用いてサイトを制作していた場合、手軽にエントリーフォームの変更を行うことができます。

フォームだけでなく、サービスの手順もわかりやすく

エントリーフォームだけでなく手続きまでの手順を短くするといったことや商品購入やサービスの展開までの流れをわかりやすい形で説明するようにしましょう。

アフィリエイトをわたしもはじめてみる!

150以上のアフィリエイト制作に携わり、100社以上のSEO施策を行ったSEO検定1級を保持しているプロがあなたのアフィリエイトサイトを制作代行いたします。

キーワード調査を行い、コンテンツ制作をするのは当たりまえ、スピード対策やSEOに効果のある面倒なALT属性設定、URLのSEO最適化など、細かい設定も行います。

それだけではありません!面倒なドメイン取得や、サーバー取得の代行も行わせていただきます。

副業が可能になってきている時代、本業以外の収入源をあなたもつくりませんか?

本を出版しました!初心者でも出来るSEO対策10選
なかなか難しいと思われがちなSEO対策ですが、本書ではSEO初心者の方であっても理解しやすい内容となっております。社長様、店長様、アフィリエイター様、SEOに携わるマーケター様、どんな方であっても新しい価値を与えられる一冊となれば幸いです。 Amazon売れ筋ランキング 2019年2月 オンラインマーケティング部門 2位獲得! マーケティング部門 9位獲得! 対策キーワード「SEO対策」 1位獲得!
BlogSEO
シェアする
アガルト
トップへ戻る