【経営者向け】SEOのご相談無料受付中
詳細はコチラ

GDN広告(ディスプレイ広告)リマーケティング設定の仕方

GDN広告(ディスプレイ広告)リマーケティング設定の仕方 Blog

今回はGoogle広告のリマーケティング広告の設定の仕方とどういったリマーケティング広告の打ち出し方をすればいいかをご説明します。

グーグル広告のリマーケティング広告とは?

ディスプレイ広告のリマーケティングとは、一度自社サイトに訪れた訪問者に対して購入やアクションを促す広告をだすことを指します。例えば、一度サイトに訪れたユーザーに「残り何名様のみ〇〇」や「この広告をクリックした方限定で〇〇」といった広告を出すと認知はしているのでCVに繋がりやすいでしょう。

リマーケティングはGoogle広告、リターゲティングはYahoo広告

リマーケティングはGoogle広告での一度訪問したユーザーに広告を配信するもので、リターゲティングはYahoo広告で再訪問を促す広告のことを指します。

グーグルディプレイ広告のリマーケティング設定

Google 広告にログイン⇒ [キャンペーン] をクリック⇒プラスボタン をクリック⇒新しいキャンペーンを作成⇒[目標] で、キャンペーンの目標を選択⇒[キャンペーン タイプ] で [ディスプレイ ネットワーク] を選択⇒キャンペーン名・地域と言語の設定・入札戦略と予算・コンテンツの除外などの設定

Google 広告リマケ

[ユーザー] の [オーディエンス] に移動⇒[リマーケティング] をクリック⇒追加するオーディエンスの横にあるチェックボックスをオン⇒オンにしたオーディエンスがターゲティングに追加されます。(右枠)⇒[保存] をクリック。

タグマネージャーで計測している場合

タグマネージャーで計測している場合はコンバージョンリンカーとリマーケティングは設定する必要があります。

コンバージョンリンカー

コンバージョンリンカー

コンバージョンリンカーはタグマネ経由の計測で正しく計測するために必要になります。コンバージョンリンカーを設定することであらゆるデバイス、ブラウザからも計測できます。

トリガー設定はAll Pagesになります。

タグマネージャーリマーケティング設定

リマーケティング

タグの種類はGoogle広告のリマーケティングを設定。トリガーはAll Pagesになります。

タグマネージャーでGoogle広告のリマーケティングを設定することで、サイトに訪問したユーザーをGoogle広告で記憶させることができます。

Google広告コンバージョンIDの確認方法

タグマネでリマーケティング設定する際のGoogle広告コンバージョンIDの確認方法

オーディエンスマネージャー

ツール⇒共有ライブラリのオーディエンスマネージャー⇒オーディエンスソース⇒Google広告のタグの右下にある詳細

確認方法

下部にあるタグを設定する⇒タグマネージャーを使用する⇒コンバージョンIDが表示される。

直貼りで計測する方法

確認方法

ツール⇒共有ライブラリのオーディエンスマネージャー⇒オーディエンスソース⇒Google広告のタグの右下にある詳細⇒コードを貼り付け。

※上記のグローバルサイトタグをすでにサイト内に設置している場合は追加する必要がありません。なぜならグローバルサイトタグはひとつでリマーケティングもコンバージョンもとることができるようになっている為です。

Google公式ページ

▼ディスプレイ リマーケティング キャンペーンを初めて作成する

ディスプレイ リマーケティング キャンペーンを初めて作成する - リニューアル版 - Google 広告 ヘルプ
リマーケティング キャンペーンでは、ウェブサイトにアクセスしたことのあるユーザーや、アプリを使ったことがあるユーザーを対象に広告を表
アフィリエイトをわたしもはじめてみる!

150以上のアフィリエイト制作に携わり、100社以上のSEO施策を行ったSEO検定1級を保持しているプロがあなたのアフィリエイトサイトを制作代行いたします。

キーワード調査を行い、コンテンツ制作をするのは当たりまえ、スピード対策やSEOに効果のある面倒なALT属性設定、URLのSEO最適化など、細かい設定も行います。

それだけではありません!面倒なドメイン取得や、サーバー取得の代行も行わせていただきます。

副業が可能になってきている時代、本業以外の収入源をあなたもつくりませんか?

本を出版しました!初心者でも出来るSEO対策10選
なかなか難しいと思われがちなSEO対策ですが、本書ではSEO初心者の方であっても理解しやすい内容となっております。社長様、店長様、アフィリエイター様、SEOに携わるマーケター様、どんな方であっても新しい価値を与えられる一冊となれば幸いです。 Amazon売れ筋ランキング 2019年2月 オンラインマーケティング部門 2位獲得! マーケティング部門 9位獲得! 対策キーワード「SEO対策」 1位獲得!
BlogWeb広告
シェアする
アガルト
トップへ戻る